秋はまだまだ、英語スピーチを楽しもう! 第679回例会レポート

Pocket

第679回例会レポート #679 TMOD Meeting Report

第679回例会は11月17日に前回と同様、平沼記念レストハウスにて行われました。当日の朝にスピーチ評価者が急遽欠席となり、代役が必要となったのですが、チームワークよく速やかに手当することができました。普段からのコミュニケーションが緊急の時に役立つことを感じました。

今週も例会に先立ち、「ビジネス英語相談会」が行われました。海外在住者からの実体験を交え、文献や教科書にからは得ることのできない貴重な情報を共有することができたようです。

例会の冒頭、著名なクラブ表彰のセレモニーがあり、我々横浜トーストマスターズはPresident Distinguished Clubという上位10%程度しか与えられない貴重な表彰をいただきました。
昨年度会長のTさんに表彰リボンが贈呈され、昨年30周年を迎えた当クラブに新しい歴史が加わりました。

さて、Iさんから今日の言葉の紹介。今日の言葉は「Leave」。「Leave」にはいろいろな意味や使い方があります。皆さんたくさん使ってください。
続いては、ミーティングテーマ。今日のテーマは「Autumn Leave」(紅葉)。おすすめの紅葉スポットはどこですか?偶然にも今日の言葉と一致しました。皆さんからいただいた紅葉スポットをいくつかご紹介しました。最後にNさんから焼き芋を推薦されました。美味しそうですね。

各役割分担の説明の後、「Joke-Session」。Nさんから流暢なSpeakingで小咄がありました。
英語で笑いととるのはとっても難しいのですが、しっかり皆さんの笑いを取っていました。

「Table Topic session」ではSさんが進行。カゴから選んだ著名人を説明するというユニークな進め方でした。ユニークな進め方で皆さんは大変楽しんでいました。本日ゲストで来られた方も回答され会場は盛り上がりました。

今日の「Speech Session」は4名。
Sさんからサンゴ礁を保護する意義についてのスピーチ。環境保全や経済水域の確保から重要なお話があり、質疑応答を加え15分にも渡る長いスピーチを見事に完了。
次のSpeakerはSさん。本日は誕生日ということで、記念のスピーチとなりました。事前準備が苦手というSさん。今日はあえて何も準備せずに、どこまでスピーチできるのか一生懸命スピーチをしました。
次はAさん。キンモクセイの香りに因み、学生時代の苦い思い出話をスピーチ。Aさん迫力あるスピーチに皆はとても圧倒されました。最後にOさん。Oさんは12月に開催する神奈川県新人戦に参加予定です。今日はその準備スピーチということで、新人戦本番さながらの真剣なスピーチでした。

休憩の後、総合評論者のOさんの進行による「Evaluate Session」。
各評論者は経験豊かな方々で、それぞれに的確な評論でした。特にAさんの論評はコンテスト対策として熱心に評論していたのがとても印象的でした。例会も終盤となり、各役割からのレポートに続き、本日の表彰に。

ベストテーブルトピックマスターはOさん。ベスト論評者は同票でMさんAさんの2名。ベストスピーカーはOさんに選ばれました。おめでとうございました。
今回は初めてのTMOD。例会をコントロールできるのか不安がありましたが、Agenda TimerのTさんの正確なタイマーでスケジュール通りに運営できました。有難うございました。

TMOD: TM S

The 679th Meeting was held on November 17 at the Hiranuma Memorial Rest House the same place as the last meeting. A Speech evaluator was absent in the morning. We need a substitute, but we were able to get it with teamwork. I felt that communication from every day will be useful in case of emergency.
Before the regular meeting, “Business English consultation meeting” was held. We were able to share valuable information that can’t get from a book from experience of an overseas resident.
At the beginning of the meeting, We had a club awards ceremony, We Yokohama Toastmasters Club were awarded a valuable award “President Distinguished Club”. It was given only to the top 10%.

Last president TM.T was presented with a commendation ribbon, and a new history has been added to our club, which celebrated its 30th-anniversary last year.
In the meeting, TM.I introduced “Today’s word”. Today’s word is “Leave”. “Leave” has many meanings and uses. Please use it a lot.
Next, the meeting theme. Today’s theme is “Autumn Leave” (KO-YO), where is the recommended place for seeing Autumn leaves? It’s same as the word of today!
I introduced recommended some spots from everyone. In the end, TM.N was recommended sweet potato. It is delicious.
After explaining each role, “Joke Session”. TM. N gave a joke speech fluency.
It is very difficult to take a laugh in English, but surely, she took a laugh.
In “Table Topic session”, TM.S conducted. This session was unique to explain celebrities chosen from the basket.
Everyone enjoyed it in a unique way. Two guests also enjoyed very well. The venue was very excited.

Today’s “Speech Session” is 4 people.
TM. S gave a speech that significance to protect coral reefs. The speech was a long speech with Q&A and response and 15-minutes long speech completed.
The next Speaker is TM.K. Today was his birthday, so it was a memorial speech.
TM. K isn’t good at preparing in advance. Today he didn’t prepare anything to dare, and he did his best speech as he can.
Next is TM.A. In association with the scent of “KINMOKUSEI”, she gave a speech about bitter memories in her school days. Everyone was impressed by her powerful speech.
Finally TM. O He is going to participate in the Kanagawa -ken rookie competition held in this December. His speech was a preparation for the competition.
So, He gave a serious speech just like a real contest.
After the break, “Evaluate Session” conducted by general evaluator TM.O.
Each evaluator was an experienced person and gave an accurate evaluation of each speech. Especially it was very impressive that TM. A gave a hard evaluation in order to get a successful speech in competition.

Following the report from each role, the meeting progressed the final stage. We had the award session.
The best table topic speaker was TM.O. The best evaluator were two persons TM. A and TM.M and the same point. The best speaker was TM.O. Congratulations!
This was the first TMOD. I was worried that I could control the meeting, but I managed to conduct it on schedule through the strict control of Agenda Timer by TM.T. Thank you.

TMOD: TM S

Pocket

横浜の秋の深まりと英語スピーチを楽しむスピーチマラソン開催! 第678回例会レポート

Pocket

第678回例会レポート #678 TMOD Meeting Report

第678回例会は11月3日に平沼記念レストハウスにて行われました。ここを会場として使うのはおそらく初めてです。横浜文化体育館に隣接しており、いづれの施設も昭和の香りに充ちたところです。準備のはじめの段階でスピーチ評価者に欠員が一人分生じていたのですが、ありがたいことに複数のメンバーより代理の申し出がすばやく寄せられ、安心して準備を進めることができました。他クラブからお越しいただいたゲスト2人のうち1人にもスピーチ時間計測係としての役割りをお願いすることができました。

例会に先立ち、Aさんの企画発案司会による「英語なんでも相談会」が行われました。任意の参加者によるフリーディスカッション形式で1時間ほど行われ、あれこれと英語にまつわる座談会という感じで盛り上がっていたようです。次回の定例ミーティングの開始前にも、今度は「ビジネス英語相談会」というテーマで続きが行なわれるようなので楽しみにしているメンバーも多いのではないでしょうか。

さてミーティング開催日が「文化の日」であることにちなみ、ミーティングのテーマは「カルチャーショック」です。オープニングでは私の大阪での体験を披露しました。笑って楽しんでもらい作り話であることも忘れずに言う算段だったのですが反応はややウケといったところでした。お気に入りのネタで(実はNさんに以前披露をしたことがあります)内容には自信があったのですが、やや大阪人を揶揄する内容だったのでネタそのもの、又は表現方法と大事なところで噛んでしまったところに課題ありと自己分析しています。

本日のWord-of-the-dayは、Kさんです。”Note” ということで動詞や名詞として比較的使いやすい言葉が登場しました。

いつも通り各役割担当者自身による役割の説明に続き、テーブルトピックセッションではTさん司会による”Mentor or Mentee”を主題にした即興スピーチセッションが行われました。「何をMenteeにアドバイスをするか」「Mentorから何のアドバイスを授かったか」など、もしかしたら普段あまり意識をしていないものの、トーストマスターズにおいては重要な機能について思い起こす良い機会となりました。

続いて本日の事前準備スピーチセッションでは6名のエントリー。
Hさんは ”Will AI replace teachers?” というタイムリーなお題目でした。中学校の現職英語教師であらせられる人による真摯なスピーチであり、感銘を受けた聴衆者が多く見受けられました。内容の濃いフィードバックが多く寄せられたのではないかと推察します。
Nさん は “Early Bird” というお題目で、「早起きは3文の徳」を実践なさっているお話でした。見習うと良いことがあるかもしれません。
Oさん は数ヶ月前に入会され、今回は2回目のスピーチであるものの堂々となさっていました。お題目は “Marketing in Japan” ということでご自身の仕事内容を土台としながら、国際商取引きの内容を普遍的に図解してくださいました。
Tさん は入会後、最初のスピーチでお題目は “Initiation to the fishery Industry” というものでご自身の漁業と共に歩んできた半生記と自己紹介を兼ねたものでした。何となく壮大な絵巻でも見ているような感覚に陥りました。
Mさんは”Runtastic-Night Excursion”というお題目で、ご自身のランニングで使用している便利なアプリの説明と夜の横浜ランニングコースを写真付きで紹介していただきました。妖しい夜のお店も登場しそうになりアダルトの世界に誘っていただきました。
Hさんは”My Communication Style”というお題目で、いつもの手慣れたスピーチの秘密が少し垣間見れた感じがしました。

続いて、今日のミーティングの総合評価者であるAさん司会により評価セッションが行われました。この日の個々の評価者6名はベタランあるいは北米での生活から最近帰国されたメンバーによるもので、それぞれの評価は密度の高いものになりました。

ベストテーブルトピックスピーカーは他クラブよりゲストでご参加いただいたAsさん、ベスト評価者はSNさん、事前準備スピーチスピーカーはMさんがそれぞれ選ばれました。

TMOD: TM N

678th regular meeting was held at Hiranuma Kinen Rest House which is located nearby to Yokohama Bunka Taiiku-kan and having a meeting at this venue seems to be for tor the first time. Both facilities, which are not so new at all, make us feel something as if we were back to Showa era.
At the beginning of a meeting preparation, I had to seek one speech evaluator out of six speech evaluators and thankfully a voluntary candidate was offered immediately by some members.
This admirable assistance made me feel confident and ease of keeping on my duties.
The short of role takers also required an assist from other club members and we asked one person for a timekeeper accordingly.

Before the regular meeting, a one-hour ad-hoc meeting was offered and conducted by Toastmaster A for a free-discussion relating to English learning tips. Many discretional participants seem to have been enjoying the meeting. I bet many members look forward to joining the 2nd round of the meeting before the next-next regular meeting.

It was Culture Day so to facilitate choosing a meeting theme, “Culture Shock” In the opening, I talked about my experience what I was amazed in Osaka. Despite it was one of my original favorite fake stories (I have ever talked it to Toastmaster N personally before) and I had been assured to make the audience feel extremely funny (surely telling them it was a fake story), it was not so successful in fact. In my view, I found I had some issues on it: the content made fun of Osaka people slightly; some expressions might be substituted with other effective ones to make the story more attractive; failed to speak smoothly in the most important part to make my audience laugh.

Word-of-the-day by Toastmaster K was, “Note” He gave us a word we could use relatively easily in verb or noun when we delivered a speech or spoke something in the meeting. After having a role explanation by respective role takers, as usual, Toastmaster T as a Table Topic Master conducted a table topic session. Every topic she put forward were based on or referred to mentee or mentor in Toastmasters e.g. “What will you advise to your mentee?” or “What kind of advice have you ever received from your mentor?” She gave us an opportunity to remind ourselves an important function in Toastmasters we tend to forget occasionally.

We had 6 speakers in the prepared speech session. “Will AI replace teachers” by Toastmaster H, who is a junior high school English teacher, was a timely topic and her honest thoughts gave us something to consider a lot. I suppose she received many valuable feedbacks from the audience.
“Early Bird” by Toastmaster N is a story about herself who enjoys getting up early in the morning. We may have something lucky if we do the same. “Marketing in Japan” by Toastmaster O, who joined the club just a few months ago, illustrated a world trading business with overhead projector briefly based on his current business. His speech looked confident enough despite it was only his 2nd-time speech. “Initiation to the fishery Industry” by Toastmaster T, who joined the club recently and it was his 1st-time speech, was his self-introduction along with his long journey with the fishery industry. Because of his extensive experience including his expatriate life several times, I felt as if I was watching a spectacular pageant.
”Runtastic-Night Excursion” by Toastmaster M was about a useful app on running along with his Yokohama night excursion on running one day by demonstrating with an overhead projector. I bet nightclub enthusiasts also enjoyed his speech.
”My Communication Style” by Toastmaster H revealed something about the well-determined speeches he delivered consistently.

The evaluation session was conducted by a general evaluator, Toastmaster A. We had 6 individual evaluators for each speech. All the evaluators today were an experienced member or a member who are just back from the USA after an expatriate so that we had a good opportunity to learn fruitful evaluations.

The best table topic speaker was awarded to Toastmaster As (a guest from Zama Toastmaster club?), the best evaluator was awarded to Toastmaster SN, and the best-prepared speaker was awarded to Toastmaster M.

TMOD: TM N

Pocket

食欲の秋、スポーツの秋、いやいや英語スピーチの秋でしょう! 第675回例会レポート #675 TMOD Meeting Report

Pocket

第675回例会レポート #675 TMOD Meeting Report

第675回の例会は3連休の初日の小雨の降り続く中、20名のメンバーが例会に集まりました。
例年9月1日の前後3日間は防災週間ということで、「予期しない自然災害についてあなたは準備していますか?」という質問が予めロール・テイカ‐宛てになされていました。
美しい自然に囲まれた日本ではありますが、昨今の未曾有の自然災害と隣り合わせでもあります。なので、この国に住む以上、私達は普段から防災の備えをしておくに越したことはありません。
メンバーの災害意識を高めようと今回、全員のロール・テイカ‐からアンケートをとりましたが結果は、災害への準備周到にしているメンバーから、全く何もしていない、というメンバーまで人それぞれで、私の予想に反して意外に備えができていないメンバーの数がありました。
災害は誰にでも起こり得ます。インフラが復旧するにも数日から数週間かかると言われています。今回答えがNOだったメンバーはできるだけ早く、備蓄を確認することをお勧めいたします。

さてこの日、TM Fによって紹介された今日の言葉はOkeydokey でした。今日の言葉を例会中に使うと罰金が減る決まりになっているので、メンバーは例会中に機会を捉え、よく今日の言葉を自分のスピーチに取り入れます。当日も、TM Fが使いやすい言葉を選んでくれたお蔭で、Okeydokeyはしっかりとメンバーの頭に記憶された事でしょう。

皮きりに、TM Mがジョーク・セッションで場の雰囲気を一気に和ませました。万人受けするジョークを思いつくのは簡単ではありませんが、生来のエンターティナーTM Mは持ち前の明るく良く通る声、表情豊かな表情、ひょうきんなジェスチャーをもって観客を大いに沸かせました。

テーブルトピックは横浜トーストマスターの皆のお母さん的存在のTM Tの進行の下、和やかに進みました。
指名されたメンバーは、トランプのババ抜きの様にTM Tからカードを引き、そのカードの裏に書かれた問題を答えます。楽しいアイデアでした。
当日は、厚木座間トーストマスターからTM W をゲストに迎えました。突然の予期せぬ質問にも動ぜず、臨機応変にユーモアで応える鍛え抜かれたスピーチに全員が聴きほれました。観衆を喜ばせる程の優れたスピーチがなされる場に直に遭遇することは、特に新しいメンバーにとって、素晴らしい刺激となりました。TM W、またのお越しをお待ちしております。

通常例会は4本の準備スピーチがあります。TM K がトーストマスターで培われた友情について語り、TM H はSMS の有益性と有害性について客観的な事実をもとに論理的にスピーチを展開し、TM S は準備体操の有益性を体全体で説明し、大変ユーモラスに観客を沸かせました。そして最後のスピーカーTM K は彼らしい意欲的な切り口で、今までの仕事の数々の経験で勝ち得た素晴らしい成果を熱く語りました。

後半は経験豊富なTMIが論評セッションをリードします。
3分以内でわずか数分前に聴いたスピーチを講評することは簡単ではありません。それも英語で行うのですから!大変な集中力でスピーチを聴き、要旨をまとめ、論評スピーチでは何を削って何を言うべきか、という選択眼も問われます。
論評者は一日にして成らず。何度も挑戦するなかで、だんだんと優れた論評者になっていきます。
特にTM N.Sには、他の論評者が数分前に行った論評について、同じ3分という時間制限で論評しなければならないというベテランならではの試練が与えられました。
論評に安定した自分の型をもっているTM Tがベストに選ばれました。安定した論評者の論評は聴いていて安心感があります。理路整然としているからでしょうか?論評は早く自分のスタイルを確立することがコツなのかな、と彼の論評を聴き感じました。
今回私は2回目となるTMOD(Toast Master Of the Day)の役を務めさせて頂きました。前回とくらべ、細かい台本を用意していったつもりでしたが、実際に動いてみるとまだ穴があり、分かっているのにするべきことを忘れてしまったり、順番を間違えたりと結構失敗をしてしまいました。

しかしそれでもメンバーの温かい雰囲気の中、何とか無事に最後、会長に司会のバトンを返すことができてほっとしています。
失敗を失敗と感じさせない温かい雰囲気が横浜トーストマスターにはあります。
学びは、緊張を強いられる所よりも、自分が伸び伸びとしていられる所にあると思うのです。失敗は恥ずかしい事ではありません。むしろ間違えの数だけ学べるのですから、良い事なのです。トースト在籍3年目に入る私はその様に肯定的に捉えられる様になりました。
こんなふうに考えられるようになったのは横浜トーストマスターを構成する一人一人のメンバーのお蔭です。こんな英語クラブは、なかなかないですよね? 大変有難いことです。
是非、皆さんもそんな雰囲気を体験しに来ませんか? お節介好きなメンバー一同、熱い気持ちで皆様のお越しを心よりお待ちしております。

TMOD: TM N

Twenty avid members of Yokohama Toastmasters Club got together for a regular meeting on Saturday afternoon of Sep.

15th, the first day of three-day weekend, though it was drizzling all day. Three days before and after Sep. 1st are designated as the National Disaster Prevention Week in Japan, so the question; Are you prepared for unpredictable-sized natural disasters? , was asked to all role takers before coming to the meeting.
Japan is composed of beautiful islands where distinctive nature of four seasons can be enjoyed throughout the country, but at the same time, this means unpredictable natural disasters can hit us anytime, anywhere. Natural disasters are something unavoidable for the people of Japan. It’s best to prepare for the worst regularly.
In order to enhance the disaster prevention awareness of the club members, I asked the question above to each role taker during the meeting, however, the numbers of people  who answered ‘No’ was more than I expected, which was rather shocking to me!
Natural disasters can happen to any of us. It is also said that once it hits us, the restoration of basic infrastructure will take for a few days, or worse, for a few weeks.
So, if your answer was ‘No’, I strongly recommend that you make sure of your emergency supplies at home as soon as possible.

The word-of-the-day at the meeting was “Okeydokey”. By our club’s rule, if you use the word-of-the-day, the amounts of your silence-filler-fine will go down in accordance with the times you use that word, which makes members try to use the word more often. Thanks to the TM F’s nice choice of word, I am sure the word ‘Okeydokey’ was also strongly stored in attendants’ minds.

Firstly, TM M brightened up the atmosphere with the Joke session. Although it is not easy to think of funny jokes that can be well received by people of all ages, he proved himself to be a born entertainer with his unique style of presenting speeches. His clear voice, expressive face, and comical gesture were good enough to win the applause from the audience.

The Table Topic session went smoothly in a warm atmosphere by the effort of TM T, whose presence is always like a big mom of our club.
Just like a baba-picking of a Japanese card game, an assigned member picks a card from TM T, then answers the question written on a card. It was a fresh idea!
We had an honorable guest, TM W, from Atsugi-Zama Toastmasters Club on that day. We were all enthralled by his witty answers that entertained the whole floor. It was a great opportunity especially for novices in our club to observe an experienced Toastmaster handling a table topic question flexibly with ease. Please come and see us again, TM W, to show us the path to follow.

We had four prepared speeches that day. TM K talked about the friendship he had made at Toastmasters Clubs. TM H maintained her opinion about the benefits and risks of using SNS with some concrete evidences, TM S made us laugh to roll on the floor with his comical radio exercise during his speech!! The Final speaker TM K impressed us passionately on what he has won through his multiple job experiences.

The latter part of the meeting was started with the evaluation session, led by an experienced TM H.I. It is not an easy job to evaluate a speech that was made just a while ago within three minutes, what is more, in English!
Evaluators are required to concentrate on the context of the speech, being very busy deciding on what to omit and what to comment in the three-minute evaluation.
Excellent evaluators are not made in a day. They are self-trained to be the one through hundreds of practices.
Especially TM N.S, an advanced Toastmaster, had a suitable tough task to make another evaluation on one of the evaluator’s speeches.
TM T won the best award for the evaluator, for he has a concrete frame-work to be used at the evaluation, which adds more persuasiveness to his evaluation speech. It might be helpful to build our own evaluation style to give a good presentation like TM T.
It was my second time doing TOMD role. I had prepared the detailed script for the meeting but actually, it didn’t turn out good enough; I forgot something to do or did something in a wrong way…
Nevertheless, this didn’t spoil the whole meeting, for there was always warm atmosphere during the meeting, and I was really relieved that I could return the control of a meeting to our president, TM F, without an unacceptable delay.
The warm ambience of Yokohama Toastmasters Club never lets you down or makes you feel ashamed when you make some mistakes at a meeting,
I feel that you can learn something only where you can be yourself, rather than in a place where you become nervous. It is not a shame to make mistakes. Let’s think positive. Making a mistake is a great thing because you can learn from it. My three- year experience in Yokohama Toastmasters club has made me a different person to think that way.
I owe my progress in command of English to every member of the Yokohama Toastmasters Club. You can hardly find such a wonderful English club, can’t you? I am very thankful about it.
If you are interested, please come to our club and feel the friendly atmosphere yourself. We’ll be looking forward to seeing you at our meetings!

TMOD: TM N

Pocket

第668回 30周年記念例会レポート #668 TMOD 30th Anniversary Meeting Report

Pocket

横浜トーストマスターズクラブ創立30周年記念例会が、横浜港を眺望する素晴らしい会場にて盛大に行われました。30年前に同クラブ立ち上げに携わった方々、過去に会長を務めた方々、以前から何度もゲスト参加してくださっている他のクラブの皆さま総勢60名の方々が温かく見守る中、式典が執り行われました。

ランチパーティーでは、全国のトーストマスターズ会員から寄せられたビデオレターが公開され、祝福ムードが広がりました。横浜クラブの歴史は、日本District76の歴史と言っても過言ではないでしょう。チャーターメンバーがステージに招ばれ、30年前の懐かしい思い出を語って下さいました。

第668回記念例会は、大勢のゲストが見守る中、緊張したムードで始まりました。しかし、Queenの「We Will Rock You」が流れる中、派手な仮装で登場した二人のテーブルトピックマスターの予想外のダンスと歌で、緊張ムードは一瞬にして吹き飛びました。

テーブルトピックセッションは大いに盛り上がり、過去メンバーの中には当てられないように隠れる人もいましたが、ひとたび質問が当たると堂々たる語り口で発言していました。さすがですね。

準備スピーチセッションでは、4名の現役メンバーがスピーチを披露しました。
1番目のスピーカーは入会間もないTM M。この日が記念例会だとは知らずにスピーチを希望した自分の運命を呪いながらも?!果敢にPathwaysのIce Breakerに挑戦し、緊張の中見事にスピーチをやり遂げました。

2番目のスピーカーは九州のトーストマスターズクラブに所属していたTM Oで、彼もPathwaysのIce Breakerに挑戦しました。ご自分の経歴を語る中で、Toastmasters Club Evaluation Contest全国大会への出場経験が自信を与えてくれたというエピソードが印象に残りました。

3番目のスピーカーは九州、北陸のクラブに所属していたTM Sで、年の離れた旦那様との結婚生活をジェスチャー混じりに面白おかしく語り、見事ベストスピーカーに選ばれました。TM Sはこのスピーチでアドバンスト・マニュアル2冊目を終了し、ACB (Advanced Communicator Bronze)を受賞されます。おめでとうございます!

記念例会最後のスピーカーはTM N。このスピーチでCCマニュアルを完了したTM Nは、2.5年かけてやり遂げたコメントシートびっしりのマニュアルを持参して聴衆に披露し、2.5年間で彼女が学んだスキルに「DIE メッセージ (Demand / Interest / Easy)」と名付け、その内容を丁寧に語ってくれました。CCマニュアルを完了した彼女は、Competent Communicatorの認定証を授与されます。おめでとうございます!

ベテランメンバーTM Iの司会で、引き続き論評セッションが執り行われました。過去メンバーによる素晴らしいスピーカーの論評もあり、668回論評を繰り返しているからこそ、横浜TMCは30年間生き抜き、そして今後も存続していけるのだというTM Iの言葉が印象的でした。

記念すべき30周年特別例会でのTMOD役を務めさせて頂き、とても光栄でした。この例会で、横浜TMCには女神が付いていると感じました。失敗を繰り返しながら新しい事に挑戦し、励み続ける私たちをじっと見守ってくれた女神は、今後も私たちの活動を見守り、応援してくれることでしょう、私たちが歩み続ける限り。

記念例会委員会の皆さま大変お疲れさまでした。

TMOD: H.A.

YTMC’s 30th-anniversary meeting was celebrated with over sixty attendees including the honorable guests and the former members at a spacious hall with a commanding view of the Port of Yokohama.
The ceremony was taken place under the affectionate eyes of over sixty people which included founders of the club, past presidents and the guests from other clubs.

We gathered earlier than usual for a lunch party and together, we sang birthday songs and watched video messages collected from various members of Toastmasters around Japan in a festive mood. It wouldn’t be an overstatement to say that the history of Yokohama TMC is the history of District 76. Our charter members were called on the stage and shared their memories from 30 years ago.

Our regular meeting #668 was observed by all the guests, which made us a bit nervous in the beginning.

However, our nervousness was soon blown away by the deafening sound of Queen’s “We Will Rock You” performed by the two Table Topic Masters, who sang and danced to the music in flashy costumes. They rephrased the lyrics to “We Will Name You / We Will Respond”, and made us answer the questions. While we saw the former members trying to hide themselves, when they were called on, of course, they answered with great confidence.

YTMC’s four current members presented their prepared speeches in the Prepared Speech Session.
The first speaker was TM M, who is one of the newest members of our club.
She volunteered to make a speech on this day without knowing it would be an anniversary meeting. While lamenting her fate, she courageously took a shot at an ice-breaking speech of the Pathways and finished it fabulously under pressure.

The second speaker was TM O, who used to be a member of a Toastmasters Club in Kyushu region. He also tried his first speech on Pathways on this occasion. He shared his life events with us, and one of the episodes in which he talked about his experience in participating the District Evaluation Contest that had given him confidence in life impressed me the most.

The third speech was presented by TM S, who had belonged to the clubs in Kyushu and Hokuriku regions before joining our club. She shared with us hilarious and humorous episodes with her old husband with expressive gestures and won the Best Prepared Speaker Award. She has completed the two advanced manuals with this speech and will be given the ACB (Advanced Communicator Bronze). Congratulations!

TM N presented her speech as a finale of the session. Since it was her finishing speech of CC Manual, she showed us the manual covered with so many comments slips and surprised us. She named what she had learned in the two and half years of Toastmastering “DIE (Demand / Interest / Easy) message”, and explained the components one by one. She has completed the CC manual with this speech and will be given the Competent Communicator certificate. Congratulations!

The exciting speech session was followed by the evaluation session conducted smoothly by an experienced Toastmaster I. Some of the speeches were evaluated by former members, and the General Evaluator TM I commented on the good points and improvement points from our entire meeting. She emphasized that 30 years of our constant evaluation keeps improving us for the future.

It was such an honor for me to take this role on this occasion. I really believe that there is Goddess residing at YTMC. She has watched us making mistakes, trying something new, and working harder again. She will continue to assist us as long as YTMC continues.

TMOD: TM A.



Congratulations on the 30th Anniversary, YTMC!!


Pocket

第667回例会レポート #667 TMOD Meeting Report

Pocket

5月19日、第667回YTMC例会が私たちのホームグラウンドである波止場会館で開催されました。この日はクラブ活動の中で最も重要なイベントがありました。それは役員選挙です。 会長のTさんがスムーズに選挙を進行し、全ての候補者が当選しました!おめでとうございます!新しい会長のFさんが新役員を代表し、スピーチを披露しました。新しい任期はこの7月から始まります。

この日はもう一つ特別なイベントがありました。Oさんの入会式です。そして、私が彼のメンターを務めることになりました。彼のメンターになれて嬉しいです!これから一緒にYTMCの活動を楽しんでいきたいと思います。

この日のテーブルトピックセッションはスリル満点でした。Sさんがテーブルトピックマスターを務め、ユニークなルールを案出しました。彼女が持参した単語が書かれたカードを、当てられたメンバーがそれぞれ一つ選び、そこに書かれている言葉を、その言葉を使わずに約2分間で説明するのです。その後、スピーチを聴いた人たちがその単語を当てます。

単語が難しく、6名のスピーカーは説明に苦戦していました。そんな中Iさんが選んだ言葉を完璧に説明し、ベストテーブルトピックスピーカーに選ばれました!ちなみに彼が選んだ言葉は・・・「FBI」でした!!


準備スピーチセッションでは3名のスピーカーがスピーチを行いました。各スピーカーがそれぞれ持ち前のキャラクターやパフォーマンスを披露しました。ベストスピーカー賞を手に入れたのはTさんでした。彼女はスピーチの中で美しい歌声を披露し、またきれいな声の出し方を教えてくれました!なんて素晴らしい美声!!彼女はその美しい声で聴衆をスピーチの中に引き込みました!

論評者も同じく3名でした。Aさんがベスト論評賞を獲得しました!彼女は、パワーポイントの最初のスライドの効果的な見せ方を教えてくれました。彼女の論評はとても役に立ち、的確でした。


当日のミーティグのタイムスケジュールはとてもタイトでしたが、役割を担った全てのメンバーがタイムマネージメントを意識してくれたおかげで、ほとんど予定通りにミーティングを終えることができました。みなさん、ありがとうございます。
次のミーティングはYTMC30周年記念例会です!今日の役員選挙と同じくらい大切なイベントです。お見逃しなく!

TMOD: TM T


The 667th regular meeting of YTMC was held at our home ground, Hatoba-kaikan, on May 19th. We had one of the most important events of YTMC activities, which was officers’ election!! President T conducted it smoothly, and all candidates got elected! Congratulations!! New President F gave his speech representing new cabinet. The new term will start from this July!

There was another special event during this meeting. That was the induction ceremony for TM O. And guess what? His mentor is me! I’m really glad to be his mentor. I’d like to enjoy YTMC activities with him.

On this day, The Table Topics Session was very thrilling. The Table Topic master was our TM S., and she set a unique rule in the session. She made word cards, and an assigned member chose one of them. He or she explained the chosen word in about 2 min. without using the word itself. After his or her speech, audience guessed the answer! Six speakers struggled to explain the words because many words were difficult. But TM I explained his chosen word perfectly, and he got the Best Table Topics Speaker Award!!! FYI, the word he chose was “FBI”!!

There were three speakers in the Prepared Speech Session. They gave their own speech with performances reflecting their characters. As a result, TM T got the Best Prepared Speaker Award! She sang in her very beautiful voice during her speech as well as told us how to make a beautiful voice. What a beautiful voice it was, wasn’t it! She could involve the audience in her speech with her beautiful voice!

We also had three respective evaluators, and TM A got the Best Evaluator Award!
She told us how to show the 1st slide of powerpoint effectively. It was very useful and accurate!

The time schedule for this meeting was tight. However All role takers managed time well and as a result, we could finish the meeting almost as planned.
Thanks all of you for your effort and cooperation!
The next meeting will be the YTMC 30th Anniversary Special Meeting! This is a very important event just like the officers’ election. Don’t miss it!

TMOD: TM T



Pocket

第666回例会レポート“Discovery Through Travel” #666 TMOD Meeting Report

Pocket

第666回の例会は、ゴールデンウィークの後半に開かれました。
テーマは「旅先での発見」です。多くの会員からコメントをいただき、例会中に一つひとつすべてを紹介したいと思うものでした。例会中にはキーワードのみご紹介しました。

テーブルトピックセッションで尋ねられた質問は、どれも話し手にぴったりのもので、それぞれ個人的なエピソードを聞くことができました。

準備スピーチでは、二人のスピーカーがPathwaysに挑戦し、アイスブレーカースピーチを披露しました。

例会の後半には、Oさんによる大きな場面でのスピーチを聞くことができました。貴重な機会をいただき嬉しいです。
この例会も、思い出に残るものになりました。
TMOD: K

Hello members and guests.
The last meeting #666 was held in the latter half of Golden Week holidays, but many members and guests joined it.

The meeting theme was “Discovery Through Travel.” Members had given me a variety of comments about it and although I wanted to share all of them with other members, I only introduced keywords of them at the meeting.

Questions asked in Table Topics Session fit each speaker and all of them could show their own episodes.
In this meeting, two speakers tried the Ice Breaker speeches based on our new education system, Pathways.
They were well prepared and the audience enjoyed them.



After the meeting adjourned, we had an opportunity to hear a rehearsal speech made by TM O, who was going to participate in the Toastmasters International District 76 Spring Speech Contest. It was great and I was happy to be given such a precious opportunity to listen to it before the big contest.
I believe this meeting was a memorable one.
Thank you,

TMOD: K






Pocket

第665回例会レポート“Start” #665 TMOD Meeting Report

Pocket

4月21日、第665回例会は久しぶりに波止場会館で行われました。
みなとみらいの景色が一望できるこの海沿いで、天気も良く、気分は格別でした。

今日の例会のテーマは「スタート」。メンバーのみなさんから「最近スタートしたこと」「これからスタートしたいこと」に関するコメントをもらいました。みなさんとても個性的で楽しいコメントをしてくれましたが、中でも印象に残っているのは、Oさんのコメント。「ジムに行き始めた。目標は6パック。でも今は1パック」

テーブルトピックでは、そのOさんがトピックマスターでした。
Oさんが出題するいくつかのお題で、指名された人が即興で2分程度のスピーチをします。
今回は「旅」に関連したバラエティあふれる質問で楽しいセッションになりました。


「準備スピーチ」のセッションでは、4人のスピーカーがそれぞれユニークなスピーチを披露してくれました。
Sさんは新人コンテストに出場した時の経験談をおもしろおかしく、N.T.さんは皇帝と梅の木にまつわる民話を情感タップリに話してくれました。Mさんは、北海道で暮らしていた時、家族の間で起きた「ホッケ事件」を楽しく話してくれました。
最後のN.M.さんは、ロープの便利な結び方を実践しながらスピーチしてくれました。
みなさん本当にそれぞれ個性的なスピーチで私たちを楽しませてくれました。


論評セッションでは、先の4人のスピーチに対して、4人の論評者が論評スピーチをしました。
各スピーチには決められたスピーチプロジェクト(声に変化をつける、要点を押さえて話すなど)があり、論評者はそれぞれのプロジェクトができていたかという観点で論評をします。4名の論評者ともしっかりとポイントを抑えた論評スピーチで、スピーカーの皆さんはもちろん、私自身も勉強になりました。

総合論評ではSさんが、例会全体を通してよかった点や改善点などを指摘してくれました。
私の進行に対しても適切なアドバイスをいただき感謝しています。

例会では毎回最後に、各セッションのベストスピーカーをみんなで投票し、表彰式を行います。
今回は、ベストスピーカーは同数の得票でSさんとN.T.さんがダブル受賞しました。
また、ベストテーブルトピックスピーカーはゲスト参加されていたKさん、ベスト論評者はAさんでした。

今回おそらく5回目、約1年ぶりのTMOD(会の進行役)でしたが、今までで一番リラックスしてできました。
メンバーの皆さんのスピーチを心から楽しめ、また進行をしながら皆さんの表情を見る余裕もありました。
始めの頃は自信がなく、ドキドキして、声を震わせながら人前に立っていた自分がここまで成長できたのも、
このトーストマスターズ、そして横浜クラブの皆さんが温かく接してくださったおかげだと感謝しています。
またさらに成長して、次のTMODをさせてもらうことを楽しみにしています。

TMOD: F

The #665 regular meeting of YTMC was held at Hatoba Kaikan on April 21.
The venue was by the sea and we could see the beautiful scenery of Minato-Mirai area.
The weather was fine and we felt good.

The meeting theme was “Start”, and many members gave their comment about it.
Every comment was unique. Especially TM O’s following comment was impressive,
“I’ve started to go to the gym. My goal is to get six packs, but I only have one pack so far.”

At the Table Topic Session, TM O took the role of the Topic Master.
He asked questions and called on some members to answer them.
The appointed members made short impromptu speeches which usually last for around two minutes.
He asked a variety of questions regarding “Journey” and we enjoyed the session.

At the Prepared Speech Session, four speakers gave us their unique speeches.
TM S made a speech about the ”Rookies’ Speech Contest” amusingly.
TM N.T. delivered a folktale of “The emperor’s plum tree” with deep expression and feeling.
TM M gave us a speech about “Hokke Incident” that happened in his family in Hokkaido enjoyably.
The last speaker TM N.M. rendered a speech on “Useful rope knots” with the actual demonstration.
All speakers entertained us with their attractive speeches.

At the Evaluation Session, four evaluators made evaluations for each speaker respectively.
Each speech has predetermined speech objectives and evaluators would evaluate each speech from the viewpoint of each project’s objectives.
All evaluators got to the point and they were useful not only for the speakers but also for my study.
And then, General Evaluator TM S pointed out pros and cons of the whole meeting. I’m also grateful to her for her accurate advice on my performance as a TMOD.

At every meeting, we vote for the best speaker for each session.
The Best Prepared Speakers were TM S and TM N.T. (they had tied score).
The Best Table Topic Speaker was Mr. K (guest).
The Best Evaluator was TM A.

Although I took the TMOD role for the first time in a year, as this was the 5th TMOD role for me I was relaxed the best of all time. I enjoyed every speech from my heart and this time I was relaxed enough to see faces of the audience during the meeting.

When I first started Toastmasters activity I had no confidence, I stood at the podium like a stone statue with my heart beating so fast that it almost exploded. However, thanks to Toastmasters activity and YTMC members’ kind support, I’d made a progress and was confident enough to stand there relaxed and smiling.

I’m looking forward to taking the next TMOD role with further progress.
Thank you.

TMOD: F


Pocket

第664回例会レポート“Renascence” #664 TMOD Meeting Report

Pocket

“Renascence” #664 TMOD Report
横浜トーストマスターズクラブ664回目の例会は、横浜開港記念会館で行われました。今回の例会は、4月の第1週目がキリストの復活をお祝いするイースターということで、復活・復興を意味するRenascenceをテーマとして進行しました。

今回のWord of the day はTM NがSupercalifragilisticexpialidociousというメリー・ポピンズの劇中で歌われる楽曲が語源の長大語を選び、すべてのスピーカーがどうにかこの単語を使おうと悪戦苦闘していました。

テーブルトピックは春から新しく始めた事というお題に対して、入会式を行ったばかりのTM Hが指名され、トーストマスターズへの意気込みを語りました。ベストスピーカーはTM Aが受賞しました。

準備スピーチセッションでは4名がスピーチを披露しました。
TM TとTM MはともにProject #2で構成立てを意識したスピーチをそれぞれの視点で行いました。
TM Kは新しいプログラムであるPathwaysに則った初めてのスピーチで、ご自身の名前について紹介して見事にベストスピーカー賞を受賞しました。TM Kはストーリーテリングマニュアルの最終プロジェクトを完了させました。


論評ではGeneral EvaluatorとしてTM Aが初めて司会を担当しました。初めてとは思えない堂々たる進行で役目を果たし、全体への目配りを欠かさず、アドバイスも的確かつ批評的精神に溢れた素晴らしい仕事ぶりでした。皆さん素晴らしい論評でしたが、ベストエバリュエーターはTM Mが受賞しました。


全体としてみなさんが難易度の高いWord of the dayを使おうとして、多くのスピーカーが正しく読めず新たな単語を創作するといった創造性が発揮され、いつにも増して活発で笑いが絶えない例会となりました。 参加者の皆さん、サポーターの皆さんありがとうございました。
TMOD: K

The #664 YTMC meeting was held at Yokohama City Port Opening Memorial Hall. The theme of the meeting was chosen as “Renascence” since the 1st week of April this year was Easter holiday that celebrates the resurrection of Jesus Christ.

The word of the day was very interesting and challenging. TM N gave us “Supercalifragilisticexpialidocious”, which was taken from a song in the movie “Mary Poppins”. All speakers struggled to use this super-long coined word.

In the Table Topic Session, TM H, who had newly joined our club, gave us a speech showing enthusiasm for Toastmasters as her new challenge. TM A won the Best Table Topic Speaker award.

Four prepared speakers performed their speeches in the Prepared Speech Session.
TM T and TM M made speeches based on the project #2 of CC manual from their own perspective.
The speech of TM K was the very first one based on Pathways, and he introduced his very rare family name and how to use his name to remember him. He earned the Best Prepared Speaker award at his first challenge on making a public speech in the club. Congratulations! TM K completed a storytelling advanced manual as a veteran. Great job.

TM A took the General Evaluator’s role for the first time and conducted the session as if she had done this many times and provided critical views to all participants. All evaluators performed wonderful speeches, and TM M was given the Best Evaluator award.

The meeting was filled with more laughter than usual since everyone tried to use the word of the day but most of them did not speak it correctly and created innovative words instead.
Finally, I would like to express my appreciation towards participants, especially to supporters.

TMOD: K



Pocket

第663回例会レポート“Regrettable Purchases” #663 TMOD Meeting Report

Pocket

2018年3月17日、第663回例会は横浜市開港記念会館にて行われました。例会のテーマは「残念なお買い物 (Regrettable Purchases)」。各メンバーが披露してくれたおはなしは大抵の人が少なからず関心を持っている衣食住にまつわるものが多く、その中でも不動産購入の体験談が3つもでてきたのは印象的でした。翌日に行われるエリアコンテストには当クラブからは4人が代表として出場することになっていたので、リハーサルセッションが行われました。

準備スピーチセッションでは、3名のスピーカーがそれぞれ基本マニュアルと上級マニュアルのプロジェクトに挑み、素晴らしいスピーチを披露してくれました。

TM Tは遠く岡山からの参加です。古参のメンバーであり実家がある横浜への帰郷も兼ねての例会参加です。お父様とご自身の人生を重ねて語ったスピーチでは、お父様がよく歌っていたという「黒田節」を扇子を広げて歌いながら披露してくれました。

TM Nはハムレットの台詞をもじったタイトル、”To buy or not to buy, that is the question” で観衆の興味を引き、不動産物件の買い時売り時を説明してくレました。

TM Aはパンドラの箱の定説に対して疑問を投げかけました。パンドラが災厄の詰まった箱を開けてしまったがために、人類には数多くの災厄がふりかかった。通常パンドラの箱から出ずに最後まで残ったのは「希望」と解釈され、人類は希望があるからこそ絶望せずに生きていける、との捉え方が一般的だが、本当にそうであろうかというものでした。

論評セッションでは、TM Oのスピーチを論評したTM Iがベスト論評者賞を獲得しました。隙のないご指摘にはいつもながら敬服します。

リハーサルセッションは、4名のスピーカーが練りあげたスピーチを仕上げるための良い機会となりました。

TMOD: TM N

The #663 regular meeting was held at the Yokohama City Port Opening Memorial Hall on March 17, 2018. The theme was “Regrettable Purchases”. Many stories and experiences were presented and most of them were related to food, clothing, and shelter, which were common concerns to everyone. Interestingly, it was remarkable to see that three members chose a story about the experience on buying real estate as a regrettable purchase. Since the Area Contest was scheduled to be held on the next day of the meeting, we had a special “Rehearsal Session” for the four contestants of our club who would represent us and compete at the contest.

In the Prepared Speech Session, we had three wonderful speeches from both Competent Communication Manual and Advanced Manual.

TM T traveled all the way from Okayama to join our meeting. He had been a member of YTMC for a long time and used to join a meeting regularly when he lived in Yokohama, which is his hometown where he grew up. The speech was about his heartwarming memory of his father, and he identified himself and his life with his father’s life. He also sang and entertained us with his wonderful “Kurodabushi”, a Japanese traditional local song his father used to sing.

TM N successfully captured audience’s attention by his speech title, “To buy, or not to buy, that is the question”, which was without question inspired by Hamlet. In his speech, he taught us the best time to buy and sell real estate.

TM A cast a doubt upon the general interpretation of the Pandora myth and elaborated her own thought passionately.

TM I got an honor of the best evaluator. He always delivers suggestions without leaving out anything at all.

TMOD: TM N

We hope the rehearsal session gave our contestants an opportunity to fine-tune their already-accomplished speech and made them more confident in delivering them.

Pocket

第662回例会レポート“Graduation” #662 TMOD Meeting Report

Pocket

2018年3月3日、横浜トーストマスターズクラブ第662回例会が横浜市開港記念会館にて行われました。例会のテーマは「卒業 (Graduation)」。各メンバーがそれぞれ卒業にまつわる思い出を語ってくれました。

この日、1名の新メンバーが入会し、入会式が行われました。トーストマスターズで楽しみながら英語やスピーチを学んでほしいと思います。

第662回例会では、トーストマスターズに新しく導入される「パスウェイズ」という教育プログラムのワークショップが、パスウェイズ・アンバサダーにより開催されました。

その後のテーブルトピックセッションでは、TM Sが春のスポーツについて質問を出し、TM Oが見事ベストスピーカーに選ばれました。

この日はワークショップのため、準備スピーチセッションのスピーカーは2名でした。それぞれのスピーカーがアドバンスト・マニュアルに挑戦し、TM. Iはテクニカルスピーチ、TM. Sはヒューモラス・スピーチを披露しました。スピーカーが2名だったため、表彰は行われませんでした。

メンバーのサポートにより、例会を楽しみながら無事TMODの大役を終えることができました。みなさん、ご協力ありがとうございました。

最後に、各メンバーの例会テーマ「卒業」に対するコメントを下記に掲載します。

TMOD: S.I.

TM A. Y.
「卒業」と言われて、アメリカのテレビドラマが大好きな私が一番に思い浮かべるのは「プロム」です。日本にもプロムパーティーのようなものがあればいいなあと思います。

TM N.
卒業に関しては苦い思い出があります。私は大学時代怠けたせいで、卒業するのに4年ではなく6年もかかってしまいました。おかげで卒業後に2年分の学費を両親に返す羽目になりました。

TM N. S.
アメリカでは卒業は出発だと考えられています。私もこの考え方に賛成です。学生たちにとって卒業は、実社会に飛び出す出発点なのです。

TM I.
小中高の卒業は、次の上級校へと進む希望と恐怖に満ちています。大学卒業(出発)も、実社会への希望に満ち溢れています。会社を退職した時、私は人生で初めて本当の意味で「卒業」したと感じました。

TM T
私は「卒業」は「終わり」ではなく、何か新しい事に挑戦する出発点だと思います。多くの「卒業」を経験することが人生を豊かにするのだと思います。

TM T. T.
私が抱く「卒業」のイメージは、人生の「終わり」ではなく新しい人生への「出発」です。
過去の卒業経験を振り返ると、友人達との別れを惜しむ気持ちより、新しい人生への期待に興奮していたことを思い出します。卒業式は寂しくもありましたが、新しく始まる人生にワクワクしていました。

TM T. S.
「卒業」と聞いてまず心に浮かんだのは、ダスティン・ホフマン主演のハリウッド映画「卒業」でした。サイモン & ガーファンクルの音楽が素晴らしかったのを覚えています。

The #662 regular meeting of Yokohama Toastmasters Club was held at the Yokohama City Port Opening Memorial Hall on March 3, 2018. The theme of the meeting was “Graduation”, and each member talked about the memory related to it.

In this meeting, a new member joined our club and the induction ceremony was conducted. I hope he will enjoy learning public speaking and English with us together.

Adding to the induction ceremony, we had a special workshop of “Pathways” (the new education program of Toastmasters International soon to be launched) which was facilitated by TM Y., one of the Pathways ambassadors and charter members of our club.

In the subsequent Table Topic Session, the session master TM S asked the questions about spring sports and TM O won the Best Table Topic Speaker Award.

Since we had a special workshop, we only had two prepared speakers in the subsequent Prepared Speech Session, in which each speaker worked on the different advanced manual, TM I on the Speaking to Inform and TM S on the Humorously Speaking. Due to the small number of participants, we didn’t vote for the best speaker in this session.

Thanks to the kind support from members, I was able to accomplish my TMOD role successfully. Thank you, everyone, for your cooperation!

Lastly, following is the list of members’ comments on the meeting theme “Graduation”. Enjoy!

TMOD: S. I.

TM A. Y.
My recent image of graduation is a prom in North America since I watch a lot of American TV drama. I wish we had something like a prom party in Japan, too.

TM N.
Graduation reminds me of my bitter experience in the past. I spent six years to finish university instead of four years due to my idleness. I had to pay back additional university expenses to my parents after graduation.

TM N. S.
In the US, graduation is considered to be commencement (出発) and I feel the same way about it. For students, it is the starting point of their journey into the real world.

TM I.
Graduations from elementary school, junior-high and high-school are always accompanied with hope (and fear) for the next higher-level school. Graduation (commencement) from college is also accompanied with hope for the real society. When I retired from my company, I thought I had a real graduation for the first time.

TM T
I believe graduation is not an end, but a starting point from which you commence on trying something new. The more graduation you have, the richer your life would be.

TM T. T.
My image of graduation is the start of new life, not the end of life.
When I look back at my past graduation, I remember I felt high motivation for the coming new life rather than feeling sadness for parting from friends. I joined graduation ceremony with a mixed feeling of sadness and big excitement for new life.


TM T. S.
The first thing popped into my mind when I heard the word ‘graduation’ was the Hollywood movie “The Graduate” starring Dustin Hoffman. I loved the music of that movie performed by Simon and Garfunkel.


Pocket