第764回例会レポート / The 764rd Regular Meeting Report

Pocket

The 764th Regular Meeting Report

Date&Time: 14:00-16:30 June 18th 2022/ Venue: Hatoba Kaikan + Online
There were 25 people (including 1 guest) participated in the meeting.

The meeting started with business section from TM HO. As our club VPE in the next term, he informed about the new system for role assignment that includes an excel file and easy speak. The excel file will be used to assign for three key roles: TMOD, prepared speakers, general evaluator up to next three months. TM O will inform assigned members via email before updating easy speak.

Next, TM A facilitated the meeting as the Toast Master Of the Day (TMOD). Her warm accent and bright smile maked other people feel comfortable and enjoyable during the meeting. She introduced the theme of meeting: Memory of the first haft 2022. She shared her best events about professional life and social life. Then, the role takers: TM O as grammarian, TM HN as Ah counter, TM AY as vote counter, TM P as website reporter explained their roles and share their best memory of the first haft 2022.

Then, the meeting continued Table topic master section- the most interesting section where speakers had to answer questions without preparation.

In prepared speeches section:
TM AN provided a very energetic speech about his motivation to join YTMC. He would want to talk properly, listen attentively, give feedback constructively, and so bring values to audiences.
TM HO shared his interesting memory about the song gangnam style in 2012. There are differences in promoting culture and business between Japan and Korea. In Japan, please just be yourself, do your job well, and people will notice good points about you.
TM K gave us an useful lesson learn in his life. “Camera is always on”, but it is not only technical camera, the eyes of people around you are cameras. Behave yourself, be consistent, and be successful.

Our meeting had 10 minutes intermission before evaluation section. Evaluators gave prepared speakers valuable comments and improvement points about speech title, structure presentation, gestures, and how to successfully deliver main points to audience.

The awards in the meeting are as below:
Best table topic: TM HK
Best prepared speaker: TM HO
Best evaluator: TM O

 

This meeting was the last meeting of this term 2021-2022. So we had a summary main event YTMC last year and award for members who had path completion or significant contributions for our club. Then we had the Officers Installation Ceremony for the next term 2022-2023. The new officers team commit to work together and make our club become more and more enjoyable and valuable.
The next meeting will be held at Hatoba Kaikan on July 2nd.

第764回定例会報告
日時:14:00-16:2022年6月18日30日/会場:波止場会館+オンライン
ミーティングには25名(ゲスト1名を含む)が参加しました。

ミーティングはTM.Oのビジネスセクションから始まりました。次期のクラブVPEとして、彼は、Excelファイルと簡単な説明で役割分担の新しいシステムについて通知しました。 ExcelファイルをTMOD、スピーカー、論評者など主要な役割を次の3か月間に割り当てるために使用する。また、イージースピークを更新する前に、割り当てられたメンバーに電子メールで通知すると説明しました。

次に、TM Aは、トーストマスターオブザデイ(TMOD)としてミーティングを促進しました。彼女の温かみのあるアクセントと明るい笑顔は、ミーティング中に他の人々を快適で楽しい気分にさせました。彼女はミーティングのテーマを紹介しました:2022年の最初の柄の記憶。彼女は職業生活と社会生活についての彼女の最高のイベントを共有しました。次に、役割を担う人、文法係のTM O、AhカウンターのTM HN、投票集計係TM AY、ウェブサイトレポーターとしてのTM Pが自らら役割を説明し、2022年の前半の印象に残った思い出を共有しました。

そして、ミーティングはテーブルトピックに移りました。これは、スピーカーが準備なしで質問に答える、とても面白いセクションです。

スピーチのセクション:
TM ANは、YTMCに参加する動機について非常にエネルギッシュなスピーチを行いました。彼はきちんと話し、注意深く耳を傾け、建設的にフィードバックを与え、聴衆に価値をもたらしたいと考えています。

TM HOは、2012年に江南スタイルについての興味深い思い出を共有しました。日本と韓国では、文化とビジネスの促進に違いがあります。日本では、自分らしくいて、上手に仕事をしてください。そうすれば、人々はあなたの良い点に気付くでしょう。

TM Kは、彼の人生で学ぶ有益な教訓を私たちに与えてくれました。 「カメラは常にオン」ですが、それはテクニカルカメラだけでなく、周りの人の目もカメラです。自分自身を振る舞い、一貫性を保ち、成功します。

私たちのミーティングは、評価セクションの前に10分間の休憩がありました。評価者は、準備されたスピーカーに、スピーチのタイトル、構造のプレゼンテーション、ジェスチャー、および主要なポイントを聴衆にうまく伝える方法について、貴重なコメントと改善点を与えました。

ミーティングでの受賞は以下のとおりです。
ベストテーブルトピックスピーカー:TM HK
ベスト論評者:TM O
スピーカー:TM HO

このミーティングは、2021年から2022年の今期の最後のミーティングでした。そこで、昨年はメインイベントYTMCの概要を説明し、パスを完了したメンバーやクラブに多大な貢献をしたメンバーに賞を授与しました。 
その後、次期2022年から2023年にかけて役員就任式が行われました。
新しい役員チームは、協力してクラブをますます楽しく価値のあるものにすることを約束されました。

次回は7月2日鳩場会館で開催されます。

Pocket

第763回例会レポート / The 763rd Regular Meeting Report

Pocket

Date&Time: 14:00 June 4th 2022 / Venue: Hatoba Kaikan + Online

Our 763th meeting started at 13:58 – 2 min ahead since all participants were prepared for the meeting.There were 26 people (including 3 guests) participated in the meeting. It was great.

We had an induction ceremony for a new club member. He is an Indian working for IT company. The guests are able to participate in our meeting up to 3 times before deciding to join our club membership.

The prospects asked to go out of the room during the discussion among the club members whether s/he is eligible to join as a member. New members approved to join to enter the meeting room with big hands. I like this moment of the ceremony.

Word of the day was presented by TM HN. The word was “Concrete”

TM HK led the meeting as a Toast Master Of the Day (TMOD). He well prepared for the meeting and supported table topics master, prepared speakers, general evaluator and evaluators.

Table Topics Master was taken by TM MK, he is the youngest member of the club. His questions were interesting and challenging for the speakers.

Everyone was struggling to answer to the questions.4 members made prepared speeches for this meeting.

1. TM RS talked about video featured children from internet related to the international children’s day (June 1st)

2. TM TN gave us a very funny story at Valentine’s Day.

3. TM AI threw us the question whether the world after death exists or not.

4. TN SI explained how Japanese Animations has influence to the world.

TM KT went through the evaluation session as a general evaluator.
She suggested some very valid improvement ideas for the meeting, well done.
Also, 4 Evaluators gave feedback to each prepared speaker from technically and psychological stand points.

It was a successful meeting since role takers carefully orchestrated well.

The next meeting will be held at Hatoba Kaikan on June 18th,
It will be the last meeting for the YTMC cabinet 2021-2022 and a small ceremony of changing club leadership to be held.
We would like to express the sincere application for everything done by the officers!

第763回ミーティングは13:58と定刻2分前に始まりました。皆さん定刻前に会場入りして準備ができている状態でした。
今回は3名のゲストを含めて26名の参加でした。素晴らしいことだと思います。
 まず最初に新メンバーの入会式が行われました。今回はIT会社に勤務するインド人の方が加入しました。ゲストの方は入会するかどうか決める前に3回まで参加できますのでお気軽にお越しください。
 入会希望者が部屋からでて会員同士で入会が適切かどうかを議論します。そして承認されると新メンバーはミーティングの部屋に入ると皆さんから暖かい拍手に囲まれます。私はこの瞬間が入会式の中で好きなところです。

TM HNが本日の単語(Word of the day)Concreteを紹介しました。

TM HKが本日のトーストマスター(MC)としてこのミーティングを引っ張っていきました。彼はミーティングに対して非常に良く準備して各メンバーを助けていました。

テーブルトピックは当クラブ最年少のTM MKが進めてくれました。彼の質問はとても面白く答えるのに苦労する内容でしたが皆さん楽しんで即興のスピーチを行いました。

今回は4人が準備スピーチを行いました。
1. TM RSが6/1の世界こどもデーにあわせてインターネットで見た子供のビデオの魅力について語りました。
2. TM TNはバレンタインデーの思い出をスピーチしました。
3. TM AIは死後の世界があるのかという命題を我々に投げかけました。
4. TM SIは日本のアニメが世界に与えた影響について話しました。

TM KTが批評パートの司会をして、とてもためになる改善のアイディアを提案しました。また、4名の批評人がそれぞれの準備スピーチに対して技術的、心理学的な見地でフィードバックをしました。

ミーティングは皆さんが与えられた役割を難なくこなして成功裏に終わりました。

次回は6/18に波止場会館で現役員での最後のミーティングになります。役員の交代式などささやかなセッションがおこなわれますのでお楽しみに。
少し早いですが、役員の皆さんのこれまでの貢献に感謝します。

 

Pocket

第762回例会レポート / The 762nd Regular Meeting Report

Pocket

第762回例会「エリア52合同例会」レポート / The 762nd Meeting “Area 52 Joint Meeting” Report

The 762nd regular meeting of YTMC was held as “The Area 52 Joint Meeting” at the main hall on the 5th floor of Hatoba Kaikan in the Minatomirai Area of Yokohama. A total of nearly 70 Toastmasters and guests, 41 at the venue and 27 online, from the five Area 52 clubs (Yokohama, Minatomirai, Ocean, Kannai, and Rock Music), gathered together in one place at the same time. Due to the Covid 19 situation, this was the first Area 52 Joint Meeting since the last one which was held in 2019. However, thanks to the passion and hard work of officers and representatives from each club, this was made possible. Yay!

The venue had a commanding view of the Port of Yokohama, Minatomirai skyscrapers, and the Red Brick Warehouse under the clear blue sky, which further added to the excitement of the event. The joint meeting was opened by the Ocean Club President E, who participated online. After the greetings by Area 52 Director TM K and Yokohama Club President TM S, the warm-up/ice-break stretching exercise instructed by Minatomirai Club President TM K followed. After fully stretching the body and taking deep breaths, everyone got ready to participate in the main educational session.
The first half of the educational session was conducted by TM I from the Yokohama Ocean Club, who came all the way from Niigata that day, and the second half was conducted by TM K of the Minatomirai Club as TMOD (Toastmasters of the Day).
The educational session started with one of the highlights of this joint meeting, “Club Pride Speech” by a representative from each club. Each club gave a short speech peppered with humor, including a stand-up comedy and team presentation.
This was followed by a Table Topics Session in small groups. Thanks to the efforts of TM I, the TMOD and Table Topics Master, and TM O, the Zoom host, who grouped the attendees in advance, despite the large size of the participants breaking out into small groups went smoothly. Usually, in the Table Topics Session in a regular meeting, only 5-6 members at most have a chance to speak, but this joint meeting was designed to give everyone a chance to speak, as well as to get to know the members from other clubs. Thanks to that I had a chance to talk with people from other clubs in a friendly manner, and I enjoyed it very much. After the group speeches, the TMOD (and Table Topics Master) asked for volunteers, and representatives from each group went up on stage or online to “brag” about their hometown, hobbies, and what they had done well this term, which made it a fun session for everyone. Originally, in a Table Topics Session, the questions are not known until last minute, but this time, due to the large number of attendees, we adopted the method of choosing and answering any of the three questions given to the participants in advance. I think it was the right call.

After a five-minute break, the Prepared Speech Session by representatives from each club began. The new TMOD, TM K, appeared on stage in the latter half by the introduction of the TMOD in the first half, and he introduced speakers one after another. The speeches, ranging from serious to instrumental, musical, and fun, were presented by four onsite and one online speakers with rich and substantial content.
The evaluation was also presented by four onsite and one online attendees. What impressed me the most was the fact that the speeches and evaluations were felt far more powerful and enjoyable to listen to in a large venue and from a big stage than from an online screen. The Toastmasters International has held its annual speech contest online for three consecutive years because of the Covid 19 pandemic, and the District 76 (Japan) finals were held “online” just one week ago. Of course, online speeches have their own advantages. But the sense of unity and rapport with the audience that I experienced at this joint meeting made me realize that it is an essential element for public speaking. Some of the five clubs still hold their meetings exclusively online, so I heard some of them saying, “It’s such a real pleasure to see everyone in person and hear live speeches for the first time in a long time!”
I hope that next year we will be able to hold the contest live, and every meeting live, too.

At the end of the prepared speech and evaluation session, the best speaker awards were given to TM A from Yokohama Ocean Club for Table Topics, TM A from Minatomirai Club for Best Evaluator, and TM A from Yokohama Club for Best Speaker. Congratulations to all!

Before adjourning, some members of the Rock Music TMC, which had chartered in this term, played a few songs with guitars and a vocal on the stage and was given a big round of applause from the audience.

The joint meeting ended successfully while enjoying a beautiful view of the Port of Yokohama with a soft sea breeze blowing in the air. I hope we can do it again next year. Thank you very much to the officers and members of each club for their efforts in organizing this event!

YTMCの第762回通常例会は、エリア52合同例会として、波止場会館5階大ホールにて盛大に開催されました。エリア52所属の5クラブ (横浜・みなとみらい・オーシャン・関内・ロックミュージック)のうち、会場41名、オンライン27名、合計70名弱のトーストマスターおよびゲストが大集合しました。エリア52合同例会は、コロナ禍のため、2019年の開催を最後に行われていませんでしたが、今年はぜひやりたいという各クラブ代表者の熱意により開催の運びとなりました。

晴天に恵まれた会場からは、横浜港や高層ビル群、赤レンガ倉庫などが眺望でき、ワクワク感がいや増します。オンライン参加のオーシャンクラブE会長により、高らかに開会が宣言されました。その後、エリア52ディレクターTM Kの挨拶、横浜クラブ会長TM Sの挨拶を経て、まずはウォーミングアップ/アイスブレークとして、みなとみらいクラブ会長のTM Kによるストレッチエクササイズが行われました。身体を十分に伸ばし、深呼吸をして、いよいよ本番セッションがスタートです。

教育セッションの前半部分は当日新潟から駆け付けたオーシャンクラブのTM Iが、後半はみなとみらいクラブのTM KがTMOD (本日の司会)を務めました。
教育セッションは、まず今回の合同例会の目玉、各クラブ代表による「クラブ自慢スピーチ」で始まりました。各クラブとも、漫才あり、チームプレゼンありのユーモアたっぷりのショートスピーチを披露してくれました。

続いては、スモールグループに分かれてのテーブルトピックセッションです。大人数にもかかわらず、グループ移動はスムーズに行えました。事前に出席者をグループ分けして下さったTMOD兼テーブルトピックスマスターのTM IとZoomホストのTM Oの尽力に感謝いたします。通常例会のテーブルトピックセッションでは、せいぜい5~6名程度のメンバーしか喋る機会はありませんが、この合同例会では、他クラブメンバーとの親睦も兼ねて、全員が喋れるように工夫が凝らされていました。私も他クラブの方々と親しくお話ができて、とても楽しいセッションでした。グループでのスピーチ後、TMOD兼テーブルトピックスマスターがボランティアを募り、各グループ代表がステージに上がって、またはオンライン上から、自分の故郷、趣味、今期頑張ったことをそれぞれ「自慢」し、みんなが楽しめるセッションとなりました。本来テーブルトピックスセッションでは、質問の内容は直前までわかりませんが、今回は出席者多数のため、事前に与えられた3つの質問の中から好きなものを選んで答える、というやり方を採用しました。正解だったと思います。

5分間の休憩をはさみ、いよいよ各クラブ代表による準備スピーチセッションが始まりました。前半TMODの紹介で後半TMODのTK Kがステージに登場し、次々とスピーカーを紹介していきました。シリアスな内容から楽器を使った楽しい内容まで、オンサイト4名、オンライン1名による内容の濃い充実したスピーチが披露されました。
論評もまた、オンサイト4名オンライン1名という顔ぶれでした。何より印象的だったのは、大きな会場、大きなステージで聴くスピーチや論評は、本当に迫力があり楽しめる、ということでした。トーストマスターズクラブでは、コロナ禍のため、3年連続で年に1度のスピーチ大会をオンラインで開催しており、1週間前に全国大会ファイナルが「オンライン」で開催されたばかりでした。もちろんオンラインスピーチにはオンラインなりの良さがあります。でも、この合同例会で経験した観客との一体感や迫力は、パブリックスピーキングには欠かせない要素だなあ、と痛感しました。5クラブの中にはいまだにオンラインのみで例会を行っているクラブもあるそうで、「久しぶりにみんなに直接会えて、生のスピーチを聴けて本当に嬉しいです!」と嬉々として語る方もいらっしゃいました。
来年こそコンテストは生で、そして例会も毎回生で行えるよう、節に願っています。

充実したスピーチと論評セッションが終わり、見事ベストスピーカー賞を獲得したのは、テーブルトピックスではオーシャンクラブのTM A、ベストエバリュエーターはみなとみらいクラブのTM A、そしてベストスピーカー賞は我が横浜クラブのTM Aでした。みなさん、おめでとうございました!

閉会前に、今期チャーターした新クラブ「ロックミュージックTMC」の数名がギターとヴォーカルによる演奏を数曲披露し、観衆から大歓声を受けました。

このようにして、楽しかった合同例会は潮風そよぐ横浜港の美しい景色の中、成功裡に終わりました。また来年もぜひやってほしいと思います。開催にご尽力いただいた各クラブの役員・メンバーの方々、どうもありがとうございました!

Pocket