今回も多数の見学者が参加して英語スピーチを楽しみました。いつも楽しいYokohama Toastmasters Club第692回例会レポートです。

Pocket

第692回例会レポート #692 TMOD Meeting Report

The 692nd regular meeting was held on June 1st, 2019, 31st birthday of YTMC. The room was more crowded compared with usual since we had 10 guests (5 came from another club and 5 pure).

692回のミーティングはYTMCの31回目の誕生日である6月1日に行われました。
この日は10名のゲストをお迎えし、いつもよりにぎやかな例会となりました。

Table topic questions were inspired by the Japan visit of Donald Trump, president of the United States of America. Some respondents were struggled with how to explain Japanese exotic things to foreigners and current issues.

テーブルトピックはアメリカ大統領の来日をテーマにしておこなわれました。
回答者は日本独自の事柄や時事問題に四苦八苦していました。

4 speakers challenged prepared speech for this week, 3 speakers did the 2nd speech of Level 1, project 2. I noticed each speech was significantly improved by reflecting on the feedback of evaluator at the 1st speech. The new feature of pathways works well. One of the advantages of being toastmaster is we are able to access different ideas and lifestyle from those who may not meet at the workplace, community or school. I have learned a concept of continuous improvement method used in business and how to overcome bitter experiences from their speeches.

準備スピーチには4名が挑戦し、そのうち3名がレベル1のプロジェクト2での2回目のスピーチでした。皆さん1回目のスピーチでのフィードバックを反映して改善されていました。Pathwaysの新しい特徴がうまく機能していると感じました。トーストマスターの利点の一つとして普段職場、地域、学校などで会えない人からの考え方や生き方の触れられることだと思います。今回のスピーチからビジネスでの継続的改善を行っていく考え方や、困難でつらい経験からどう対処するかなどを学ぶことができました。

I am glad to see all evaluators gave constructive feedback with critical thinking to speakers. Evaluation speech of evaluator, one of the new features of pathways, become conventional in the regular meeting. 2 experienced evaluators of evaluator stood up and successfully done, it was fruitful for evaluators who were given their feedback.

すべての評価者がスピーカーに対して建設的なフィードバックをされていてうれしかったです。Pathwaysの新要素である評価者に対する評価も例会に定着してきました。今回は2人の経験豊かな評価者が批評を加えており、とても有益だったと感じました。

Finally, general evaluator summarized the meeting, he tried to encourage all of us to improve further even the meeting went through successfully. Thanks to all participants of that meeting for your support given to us.

最後に評価セッションの司会が会のまとめをしてくれました。ミーティングが成功したことに満足せず、さらに向上するように参加者に促していたことが印象的でした。 この例会に参加し、ご協力いただいた皆さんに感謝します。

TMOD: TM K

Pocket

ゲスト5名を迎えてYokohama Toastmasters Club例会(第691回)を開催しました。次期役員も決まり英語スピーチ力アップに取り組みます!

Pocket

第691回例会レポート #691 TMOD Meeting Report

Scene 1 Opening

定例会の冒頭、横浜トーストマスターズの次期役員が選挙で選ばれました。皆様、人柄よし、英語よし、責任感よし、の頼もしい方々です。

On the beginning of the meeting, next term officers of YTMC were chosen by the election, they are cheerful, good English users, responsible and reliable person.

Scene2 テーブルトピックスピーチ

TTMは、最近のニュースを賑わせている高齢者ドライバーと免許返納の問題、消費税10%の賛否など、ビビッドな話題が提供されました。消費税は10%でも構わない。なぜなら、計算が簡単だから・・・と持論を展開されたIさんが、ベストテーブルトピックに選ばれました。

The Table Topic Master provided highlighted issues in these days such as; matters of elders’ car driver licenses and its expiry, matters of consumer tax rising up to 10% from 8% on this autumn.
TM I explained his opinion that 10 % Consumer Tax is welcome because Tax calculation would be quite easy・・・. He continued good response as table speech included the easy calculation, then chosen as the Best Table Topic Speaker.

Scene3 定例スピーチ

本日の三名のスヒーカーの方々は、課題に沿ってよく準備され、原稿をほとんど見ることもなく、聴衆の興味を引き付けるスピーチをされました。 かわいいシロクマのぬいぐるみを使いながら、生後半年のお子様を育てる楽しみと苦労をユーモラスに紹介されたAさんがベストスピーカーに選ばれました。

Three prepared speakers well organized their speeches, which attracted the audiences with their confidential attitudes and the interesting contents in accordance with assigned speech objectives. TM A introduced her “Unexpected days” as the title concerned spending time with her 6 months old lovely baby. In her speech, the pretty big bear toy was used humorously instead of her baby. Yes, of course, she got the win as Best Prepared Speaker.

Scene4 評価セッション

三名のスピーカーに対して、5名の評価者が当てられており、内2名は、評価者の評価をしました。スピーチの評価と振り返りは同じではないこと、話し手の良い点を見つけつつ、テーマと課題に沿った評価により、改善に繋がるよう、励ますことが大切・・・と展開されたAさんが、ベスト評価者に選ばれました。

For three prepared speakers, 3 evaluators estimated the prepared speeches and other evaluators evaluated two evaluators. TM Y was chosen as Best Evaluator due to her mentioned difference of story review and the evaluation. On top of that evaluators are required to find out good points of the speech for encouragement in accordance with the speech objectives and the purpose of evaluations should be used for improving the prepared speech.

最後に評価セッションの司会者、TM Tさんから会合全体の振り返りがありました。彼女は、本日の集会の良い点を拾い上げるとともに、会の準備のため、見えないところで労した一人ひとりの名前を挙げてねぎらい、すばらしい気配りと良い雰囲気のうちに総合評価セッションを締めくくりました。さすがです~。

End of the evaluate session, TM T reviewed total meeting and picked up the valuable points including invisible personal contribution for the meeting preparation, thus the meeting was wrapped up within satisfied and comfortable mind of all. Thanks a lot!

TMOD: TM M

Pocket

令和で最初のYokohama Toastmasters Club例会(第690回)を開催しました。令和も横浜でいちばん楽しく英語スピーチを学べる場所を目指します!

Pocket

第690回例会レポート #690 TMOD Meeting Report

690回の例会は5月4日(土)、平沼記念レストハウスで開催されました。10連休中にもかかわらず20数名のメンバー+ゲストが参加しました。新年号、令和の最初の例会です。TM Aから本日のWord of the Dayは「Drive」であることが発表されました。本日のテーマは「The first meeting in Reiwa era」、テーマに関連した質問は「What small habits do you want to start in Reiwa era?」でした。

The 690 the regular meeting was held at Heiwa-Kinen Rest House on May 4th (Saturday). Twenty plus members and guests attended the meeting in spite of ten days of consecutive holidays. This is the first meeting in REIWA era. TM O announced that today’s Word of the Day is “Drive”. The theme of the meeting was “The first meeting in Reiwa era” and the related question was “What small habits do you want to start in Reiwa?”

各Role Takerからは早起き、運動(頭、身体)、断食、日記、ピアノなどの回答が寄せられました。TM Oのテーブルトピックセッションでは2者択一の問題が出されました。最後はTM Fへの恋愛関連の質問で会場が笑いに包まれました。

Each role taker answered the question such as “Becoming early Riser” “Mental / Physical Exercise” “Keeping Diary” and “Playing Piano.” For Table Topic session, TM O asked two-alternative questions. The session was ended in laughter with the last question related to love to TM F.

 スピーチセッションでは、残念ながらTM M が会社の突発事故で欠席。3名のスピーチになりました。TM K が「状況に応じたリーダーシップ」TM I が「ウイスキーを楽しもう」TM O が「ソバが私を救う」でした。各スピーチともに自らの経験や出来事に基づいた内容で、楽しく聞くことができ、また勉強になりました。

In the prepared speech session, unfortunately, TM M is absent due to an accident of his company Total 3 members made their speeches. TM K’s speech was “Situational Leadership.” TM I’s was “Enjoy Whiskey” TM O’s was “Soba save me”. All the speeches were fun, interesting and educational.

Evaluationセッションでは、TM HがGeneral Evaluatorを務めました。ゲストのTM Oを含むEvaluator 4名はそれぞれの視点から、各スピーチに対する的確な評価を行いました。最後にビジネスセッションではPresidentのTM Fから次のオフィサー候補と投票に関するお知らせがありました。

At the Evaluation Session, TM H was the General Evaluator. The four evaluators, including guest TM O, made an accurate evaluation of each speech from their respective perspectives.
Finally, in the business session, President F announced the next officer candidates and how to vote.

はじめてTMODをさせてもらいましたが、各メンバーの協力を頂き楽しく役目を果たすことができました。ありがとうございました。

For the first time I did TMOD, but I was able to fulfill my role with the cooperation of each member. Thank you very much.

TMOD: TM O

Pocket

横浜で英語スピーチを楽しく学ぼう!たくさんの笑顔に包まれたYokohama Toastmasters Clubの第689回例会レポートをどうぞ。

Pocket

第689回例会レポート #689 TMOD Meeting Report

第689回例会は4月20日に桜木町ぴおシティにて行われました。この日はジョークセッション、テーブルトピックセッションと、4名の準備スピーカー、そして6名の論評セッションと盛りだくさんのコンテンツで大いに盛り上がりました。

Our 689th regular meeting was held at Hiranuma Memorial Rest House 6F on Apr.20th. We had Joke session, Table Topics session and 4 prepared speakers at this meeting. With abundant programs, we could enjoy the whole meeting.

ジョークセッションでは、H.Mさんが初めてジョークマスターに挑戦され、初めての役割にもかかわらず緊張を見せず、それどころか、ご本人が途中で思い出しながら吹き出して笑ってしまうほど、ご自身も楽しみながら素敵なユーモアでたくさん笑わせてくれました。

In the joke session, TM H.M took the first charge of the role. Despite her first role, she never showed nervousness. On the contrary, she enjoyed herself so much that she burst out laughing during talking her humorous episode and made us laugh a lot by her marvelous humor.

テーブルトピックでは、同じく初めて役割をお引き受けくださったS.Tさんが「バイリンガルのメリット・デメリット」という観点で、学びに満ちたトピックスをご用意頂き、たくさんのたくさんの気付きを頂きました。

In the table topic session, TM S.T took the role of topic master. He also took the role the first time. He prepared educational topics based on the aspect of “advantage and disadvantage of bilingual”. We had a lot of opportunities to think about the issue and learn a lot.

準備スピーチではベテランメンバー4名の方がコンテストスピーチに匹敵するレベルの高いスピーチを披露してくれました。

In the prepared speech session, four veteran members delivered qualitative speeches which are comparable with contest speech.

論評はスピーカーへの論評の4名に加え、論評者への論評ということで2名の方もアサインされ、合計6名の論評者の方にご活躍頂きました。限られた時間の中でいかに効果的にスピーカーの魅力を引き出して改善点を提案するか、普段なかなか機会のない論評者への経験豊富なメンバーのフィードバックから多くの示唆を得ることできました。
とりわけ論評者へのフィードバックは普段なかなか見る機会がないので、新たな視座でスピーチの構成や効果的な演出について見つめ直すきっかけになりました。

In the evaluation session, besides four evaluators for prepared speakers, two evaluators for evaluators were also assigned. In total 6 evaluators showed their excellent and sophisticated revaluations. All of the role takers are well-experienced members and they gave us valuable suggestions from various kinds of viewpoints. Especially evaluation for evaluator was very rare and valuable. Therefore we could get the chance to think structure or effectiveness of speech from this evaluation session.

互いに強い信頼関係がありるからこそ、少し辛口の論評も遠慮なく言え、また受け止めることができる。この温かい雰囲気や人間関係が横浜トーストマスターズの素敵な風土を作っているんだと、感じました。

Because of strong mutual trust, we can say honest opinions and accept any suggestions even if they are sometimes a little bit strict feedbacks. I was convinced that this warm atmosphere and great human relations make a marvelous climate of the club.

平成最後に相応しい、充実した例会となり、司会を務められてとても光栄でした。

I was so honored that I could serve as chairperson in such a wonderful regular meeting which was suitable for the last meeting in this era Heisei.

TMOD T.S

Pocket

新生活とともに英語スピーチに挑戦しませんか。今回の例会テーマは「自信のあるもの」。英語に自信を持てるようになる例会?やってます。第688回例会レポート

Pocket

第688回例会レポート #688 TMOD Meeting Report

4月6日に横浜開港記念会館 2階 ルーム7にて新年度最初となる、#688レギュラーミーティングを開催しました。今回のテーマは「Self-confident」です。

We held # 688 regular meeting, which was the first meeting in the new fiscal year, on April 6 at Yokohama-shi Kaikou Kinen Kaikan 2F #7. The theme this time is “Self-confident”.

今回は私にとって初のTMODだったので不安はありました。特に今回は係のアサインの変更が直前まであったため少しバタバタしましたが、皆さんの協力により無事に事前準備を完了することができました。感謝です。

I was nervous because it was my first TMOD. Especially there was a change in some role taker assignments in the last minute so, I needed a little effort. But I was able to successfully complete the preparation in advance. Thank you for your cooperation.

今日は、ビジネスセッションで、ALB、ACB及びPathways Level1修了の表彰がありました。受賞された方、おめでとうございます。

We had an award presentation of ALB, ACB, and Pathways Level 1 graduates in business sessions. Congratulations to the winners.

今日の言葉は「上品な(decent)」。こんな私がTMODのときに限って・・・苦笑いです。

The word of the day is “decent.” It is far from me and I had a bitter smile (-_-;)

テーブルトピックセッションのテーマは「新元号」。「令和」に関連する諸々のトピックについて、7名が即興ですばらしく、ユニークな回答をしていました。

Today’s table topic session theme is related to the new era name “Reiwa”. Seven people made wonderful speeches for each various questions related to the theme.

今日は準備スピーチが5名と盛りだくさんでした。ルーキー3名によるIce Breakerは、それぞれ個性的な内容で、あだ名の遍歴を紹介したM Oさん、まさに冒険というにふさわしい経歴を紹介したK Oさん、そして、自分の好きな国を紹介したS Kさん。それぞれの人柄が伝わる内容でした。

Today, we had five prepared speakers. Ice Breaker speeches by three rookies were especially very unique. TM M O introduced her nickname’s history, TM K O talked his adventurous career, and TM S K spoke about his favorite country. Each story represented their personality.

論評スピーチは、私と同じく今回初となるK Nさんが担当。丁寧で、思いやりあふれる進行は自己評価50点だそうですが、とても素晴らしかったです。それぞれの論評者の方々も、時間内に的確なコメントをしていました。

The general evaluator was Mr. K N, it is the first time for her to take the role. I think her polite and considerate progress was great however her self-assessment was 50 out of 100. Each evaluator also commented on time and was excellent feedback to the speaker.

本日の最優秀準備スピーカーは、新人のM Oさんでした。おめでとうございます!

Today’s best-prepared speaker was newcomer TM M O. Congratulations!

拙いTMODでしたが、なんとかやりきることができました。ご協力いただいた皆様、本当にありがとうございました。

I was a clumsy TMOD, but I’ve done. I really appreciated everyone.

TMOD TM K

Pocket

夢の競演。いつもと違ったメンバーで緊張気味なスタート? ビジョナリートーストマスターズクラブと横浜トーストマスターズクラブの合同例会レポート(3月30日)

Pocket

3月30日合同例会レポート TMOD Meeting Report

ビジョナリートーストマスターズ(武蔵小杉)、横浜トーストマスターズ合同例会を3月30日、横浜にある平沼メモリアルゲストハウス2階にて開催しました。初対面の方々が多い中、少し緊張気味(?)に合同例会がスタートしました。

Joint Meeting of Visionaries Toast Masters Club (Musashi Kosugi) and Yokohama Toast Masters Club was held at Hiranuma memorial rest house 2F in Yokohama on March 30th. It has been started with a little bit nervous mood (?)

スペシャルセッション:一つ目のセッションはトーストマスターズ日本クラブ担当ディレクターOさんによる特別セッションでした。4〜5人のグループに分かれ、自分について1つの嘘と4つの本当の短い自己紹介を作り、的確な質問で嘘の質問を当てる“嘘当てクイズ”。短い時間の中で嘘を見抜く適切な質問をしていくゲームを通して、緊張気味であった雰囲気も完全に打ち解けていきました。

The first session was a special session controlled by Toastmaster O who is Club Growth Director of District 76. It was “Lie spotting game.” Participants were separated by 4 to 5 people and made 1 untrue and 4 true short self-introductions. Other members need to make wiser questions to spot a lie in limited time. The nervous atmosphere was totally disappeared by this ice-breaking session.

テーブルトピック:2つ目のセッションはテーブルトピック。通常一つのテーマで行われるテーブルトピックですが、今回は合同例会の為、それぞれのクラブからお題が出されました。横浜トーストマスターズAさんからは“料理の作り方を英語で説明する“と言うお題。ビジョナリートーストマスターズのKさんからは”IT社会での生き方“のお題がそれぞれ出されました。誰もが苦手とするテーブルトピックですが、短い時間の中でで“IT社会での生き方”についてショートスピーチをされたベテランのSさんがベストテーブルトピックスピーカーに選ばれました。

 Table Topic: The second session was a Table Topic session. This session is normally going through one topic, but since this meeting was a joint meeting, there were two topics that were made by each club. The topic from Yokohama TM Club was “Explain how to cook it” made by TM A. The other topic from Visionaries Toast Masters was “How to survive in IT society” made by TM K. Table topic session is difficult for everybody but experienced TM S made a great speech in such a short time and was chosen as best table topic speaker.

準備スピーチ:3つめのセッションは準備スピーチ。こちらのセッションもそれぞれクラブから2名ずつスピーチを行いました。それぞれのスピーチタイトルはビジョナリートーストマスターズUさん: ”Are we ready for Multicultural Society?” 横浜トーストマスターズSさん: “Live like water” ビジョナリートーストマスターズTさん: “Be a leader of your life” そして横浜トーストマスターズOさん: “International Marketing” 皆さん、やはり合同例会と言う事もあり、気合の入ったスピーチでした。ベストスピーカーはビジョナリートーストマスターズTさんのスピーチでした。日々の決断の重要性。大事にしていかねばと思わされる内容でした。

Prepared Speech: The third session was prepared speech. Each club members prepared two speeches. Speech titles were: “Are we ready for Multicultural Society?” TM U from Visionaries TM, “Live like water,” TM S from Yokohama TM, Be a leader of your life” TM T from Visionaries TM and “International Marketing” TM O from Yokohama TM. Since this meeting was a joint meeting, all speeches were well-prepared and great speeches. TM T from Visionaries TM was chosen as the best prepared speaker. It reminded us the importance of decision making in daily life.

評価セッション:4つ目は評価セッション。評価セッションもお互いのクラブのメンバーが相手のクラブメンバーのスピーチを評価しました。ベストエバリュエーターはビジョナリートーストマスターズのOさん。評価内容ももちろん素晴らしかったのですが、大きな体から出される迫力のある声とジェスチャーは驚愕でした!

Evaluation session: The fourth session was Evaluation session. Each club members evaluated other club members’ speech. TM O from Visionaries TM was chosen as the Best Evaluator. Of course, evaluation itself was great, but his powerful voice and gestures from his big body were amazing!

個人的には最後の例会参加となってしまったのですが、合同例会の司会と言う貴重な機会を与えて頂きましてどうもありがとうございました。

This meeting was the last meeting for me, but I really appreciate for giving me a chance to be a Toast Master of the day or moderator of the joint meeting.

TMOD: TM K. H

Pocket

会場係謹製の卒業ソングセレクションで会場は一気に卒業ムード。和やかに華やかに英語スピーチを楽しみました 第686回例会レポート

Pocket

第686回例会レポート #686 TMOD Meeting Report

#686レギュラーミーティングを平沼メモリアル ゲスト ハウス 2階にて3月16日に開催しました。例会前の会場では、”卒業写真”が流れていました。ユーミンの曲です。日本では、3月は別れの季節です。学生の卒業、FYの終了等。本日のテーマは「別れ」です。

Our #686 regular meeting was held at Hiranuma memorial rest house 2F on March 16th.
As I arrived at the room, I heard “Sotsugyou shashin”. It is a famous song by Yumin.
Yes. In Japan, March is a good-bye season. Students graduate schools or financial year ends, etc. Today’s theme is “goodbye”.

しかし反対に横浜トーストマスターズクラブでは3人の新メンバーを迎えました。ようこそ!スピーキングやリーダー技術を高めてください。

However Oppositely, 3 newcomers joined YTMC through induction ceremony. Welcome to our club! Hope you improve your skill.

TM N(アー カウンター)は、奥様が「古着は捨てて」と言いますが、思い出が沢山詰まっているので捨てられないとのことです。彼の持論では、女性は男性より物を容易く捨てる傾向にあるとのことです。そう思いますか?

TM N(whose role is Au-counter) told that his wife often says “throw away old clothes”, but he doesn’t throw them away, because having a lot of memories. He says women tend to throw away stuff easily than men. Do you agree with his opinion?

ジョークセッションでは、TM Oは、親指の話で大いに笑わせてくれました。何人かのメンバーはストレスとさよなら(別れ)をしたいと言っていました。笑いは人を幸せにします。ジョークは、彼らのストレス解放を助けたと思います。

Joke session, TM O made us laugh a lot by thumb story, some members told they want to say goodbye to their stress. Laugh make people happy. I believe TM O helped them through his story.

テーブルトピックでは、くじ引きしたテーマについて賛成または反対のスピーチをしました。

At the table topic session, each speaker gave a positive or negative speech about a subject which was written on the card.

準備スピーチでは、4名がオリジナル ストーリーを披露しました。どれも興味深い話でした。しかし、残念ながら、3/4が規定時間を超えました。時は金なり。時間は守りましょう。

At the prepared speech session, 4 people spoke their original stories. Each of them was very attractive. However, Unfortunately, 3/4 prepared speakers were time over. Time is money. Why don’t you keep the time? The only 1 speech that kept the time was about generation X. I confirmed around 1/3 is generation X.

論評スピーチでは、全員がベテランのメンバーでした。準備スピーチした方のスピーチをもっと良いようにしようとの意気込みを感じました。

At the evaluation session, all of them were veterans TM members. I felt their confidence to make prepared speakers more wonderful.

YTMCのメンバーは、皆さんモチベーションが高いです。
4月6日の例会後、有志でスピーキングの技術を向上すべく落語会に行きます。
YTMC はいつもモチベーションを持った人を歓迎します。

All of YTMC members are very motivated. April 6th, after the meeting, some members listen
RAKUGO to improve their speaking skill.
YTMC always welcomes motivated newcomers!

Thank you.

TMOD M N

Pocket

エリア52スピーチコンテスト開催。横浜の凄腕スピーカーが英語スピーチ、日本語スピーチで対決。会場一体となってパワフルなスピーチを楽しみました。

Pocket

2019年3月2日(土)、横浜TMCが所属するエリア52のスピーチコンテストが、桜木町駅前の野毛地区センターにて盛大に行われました。このコンテストは、トーストマスターズクラブが毎年夏に開催するインターナショナルコンテストの前哨戦で、各クラブで勝ち上がった代表メンバーがエリアコンテストで戦い、その勝者が次のレベル、ディビジョンコンテストへと勝ち進みます。ディビジョン勝者は5月に開催される全国大会に出場し、その優勝者が夏の世界大会に進む、という流れです。

毎年エリア大会は各所属クラブが受け持ちで開催しますが、今回は我が横浜TMC、そして日本語クラブの関内TMCが共同で開催しました。

The Toastmasters Club Area 52 International Speech Contest was held on March 2, 2019, at Noge-chiku Center near JR Sakuragi-cho station. This contest precedes the Toastmasters International Speech Contest which is held annually in summer. The winners of each club compete at respective Area Contest, then the winners there again proceed to Division Contests. The Division Contest winners will compete at the District (All Japan) Contest in May, and then the winner of the District Contest will go to the World Championship in summer.

Each club that belongs to an Area is required to host an Area Contest in turn annually, and our Yokohama Toastmasters Club co-hosted the Area 52 Contest this year with a Japanese club, Kannai Toastmasters Club.

今までになかった今大会の特徴は、会場が土足厳禁だったこと。スリッパ履きのコンテスタントのスピーチを見るのは初体験でした。コンテスタントたちも、ちょっと勝手が違ったのではないでしょうか。
そしてもう一つの特徴は、ピアノ伴奏があったことです。会場に偶然ピアノが置いてあり、幸いにも使用無料で、これまた偶然ピアニストがメンバー内にいたので、開会宣言時や表彰時にじゃじゃーん! とジングルを入れてもらったのです。通常コンテストではピンと張りつめた緊張感が漂うのですが、ピアノの効果は抜群で、今までになく楽しい雰囲気のコンテストとなりました。即興でピアノを弾いてくださったTM K.K.に感謝です!

In this contest, we had special features that we’d never had before. One is that we were required to take off shoes and wear slippers inside a venue. I’d never seen contestants making speeches in slippers and it was a novel sight to behold. I assume they might have had difficulty moving on the floor.
The other thing was that a piano performance accompanied the contest. There happened to be a piano in the venue and it was free to use it. Luckily and coincidentally, we had a pianist within our members who happened to be there! So, I asked him to play it at an opening and award presentation. He stroked the piano keys tenderly and “Baaang!” them when needed. His piano improvisation gave a cheerful boost to the contest, which is usually filled with tension and nervousness. Thank you, TM K.K. for playing it on the spot!

さて本題のコンテスト。まず英語コンテストが13:15に開会しました。コンテスト委員長・司会は私、TM. T.S.が務め、エリア52所属クラブ (横浜・関内・みなとみらい・オーシャンTMC) から集まった総勢65名の観客が見守る中、6名のコンテスタントの熱き戦いが始まりました。

Following the cheerful “Baaang” of piano came the contest opening. First, the English Contest began at 13:15, and I, TM T.S., facilitated it as Contest Chair and MC. The venue was packed with almost 70 Toastmasters from all clubs that belong to Area 52 (Yokohama, Kannai, Minatomirai and Yokohama Ocean TMC), and six contestants started to compete with each other.

トップバッターは横浜TMCのプレジデント、TM F.のスピーチです。コンテストでトップバッターを務めるのは非常に緊張するものですが、そんな様子はみじんもなく、堂々としたスピーチを披露されました。2番目のスピーカーはオーシャンクラブ代表のベテランスピーカー、TM H.です。さすが全国大会出場経験者、声音やジェスチャーなど、卓越したスキルを披露してくださいました。3番目はみなとみらいクラブのプレジデント、TM A。彼はTM歴は浅いものの、何度もコンテストに出場している強豪です。非常に瀟洒な語り口の、スマートなスピーチを聞かせて下さいました。4番目はオーシャンクラブ代表のTM K、長身を活かしたジェスチャーで、面白いアイデアのスピーチを披露してくださいました。5番目は我が横浜クラブ代表のTM O。彼特有の会場を一気に明るくする笑顔で、楽しいスピーチを聞かせて下さいました。6番目に登場した最後のスピーカーは、みなとみらいクラブ代表のTM O。ベテランならではの卓越したデリバリースキルと流暢な英語で、見事にフィナーレを飾って下さいました。

The first speaker was our Yokohama TMC’s president, TM F. Although it must have been nerve-wrecking to speak first at the contest, he delivered his speech marvelously with confidence. The second speaker was TM H., who was an experienced speaker representing Yokohama Ocean TMC. She had been a finalist at the District Contest before and she delivered her speech with excellent vocal variety, gestures and refined skills. The third speaker was TM A. from Minatomirai TMC. Although his experience as a Toastmaster is short, he is a great speaker who has participated in contests many times before. As though to prove it, he rendered his speech with sophistication and smartness. The forth speaker was TM K. who was representing Yokohama Ocean TMC. Taking advantage of his height, he spread his long arms like an eagle and towered over us, and delivered a unique story. The fifth speaker was TM O. who represented Yokohama TMC. He has an innate talent to bring smiles to anyone who sees him. He used his magic onto the audience and delivered a cheerful speech that left us all smiling and happy. The sixth and final speaker was TM O. from Minatomirai TMC. He has a long-term experience as a Toastmaster and delivered his speech in fluent English with prominent speaking skills.

審査結果を集計するあいだ、座を和ませてくれたのは、みなとみらいクラブ所属のインタビュアー、TM S.によるコンテスタントへのインタビューセッションです。さすが手慣れたもので、コンテスタントへ次々と即興質問を繰り出し、観客を大いに楽しませて下さいました。

While tally counters were tabulating judges’ results, TM S. from Minatomirai TMC interviewed the contestants with his humorous talk and entertained the audience. An experienced Toastmaster as he is, he improvised the question after question and sometimes brought contestants to their wits’ end.

審査委員長から審査結果を受け取り、いよいよ受賞者の発表です。残念ながら1名のコンテスタントが時間オーバーで失格となり、5人の中から受賞者が選出されました。
3位入賞者は、トップバッターとしてスピーチを披露した横浜TMC代表のTM F、2位はオーシャンTMCのTM H、そして栄えある1位の座を獲得したのは、洗練されたスピーチを披露したみなとみらいクラブ代表のTM Aでした。みなさんおめでとうございました!

I received the judges’ result from Chief Judge and finally commenced on the award presentation. Unfortunately, one contestant out of six went overtime and became disqualified. Therefore, winners were selected from remaining five contestants.
The third place winner was TM F., who was representing our Yokohama TMC and courageously made the first speech. The second place winner was TM H. from Yokohama Ocean TMC, and the glorious first place winner was revealed to be TM A. from Minatomirai TMC who delivered a highly sophisticated speech. Congratulations all winners!

休憩をはさみ、第2部、日本語コンテストの始まりです。日本語コンテストは関内クラブが担当し、初コンテスト委員長に抜擢された新人のTM T.が司会を務めました。スーツ姿で決めたTM T、しっかりと司会をこなされました!

After the intermission, the latter half of the contest, which was the Japanese Speech Contest, began. It was hosted by Kannai TMC and facilitated by the first-time Contest Chair, TM T. Neatly adorned in business suits, he played the role of MC smoothly and solemnly.

日本語コンテストの流れも英語と同じで、開会宣言、規則説明のあと、スピーチが始まります。
トップバッターはオーシャンクラブ代表のTM K、爽やかで新鮮なスピーチをして下さいました。2番目は横浜TMCのTM F、英語コンテスト3位獲得直後の彼のスピーチは、更に自信に満ち溢れた堂々たるものでした。3番目のスピーカーはオーシャンクラブのTM A。彼のトレードマークであるマイク要らずの大きな声と、研ぎ澄まされたジェスチャーで、素晴らしいスピーチを披露して下さいました。4番目はみなとみらいクラブ代表のTM T。帰国子男の彼の日本語スピーチを聞くのは初めてでしたが、日本語も非常に堪能で、ユーモアにあふれた面白いスピーチでした。5番目、ラストスピーカーは横浜クラブ代表のTM A、少女時代の辛い体験を真摯に、赤裸々に語って下さいました。

日本語のインタビューは、エリア54ディレクターでもあるオーシャンクラブのTM I.が担当して下さいました。スピーチが終わって緊張の解けたコンテスタント達がにこやかに応答するのが印象的な、楽しいインタビューセッションでした。

Japanese Contest proceeded just as the English Contest did. It started with opening remarks, then the rule explanation was given, and the speech competition began. The first speaker was TM K. from Yokohama Ocean TMC. She was given a ticket to this contest a week prior to it, and gave a refreshing speech with a shy smile. The second speaker was TM F. from Yokohama TMC, who had won the third place award in the English Contest. Isn’t it amazing that he participated in the two contests at the same time? With renewed confidence attained by his third place prize, he delivered his speech marvelously. The third speaker was TM A from Yokohama Ocean TMC. With his signature big voice that doesn’t require microphone’s help, he rendered his speech with refined gestures and movements. The fourth speaker was TM T. representing Minatomirai TMC. He grew up in the U.S. and speaks English like a native speaker, and I’d never heard him making speeches in Japanese. But I found out for the first time that he could speak Japanese fluently as well! In his native tongue, he delivered his speech humorously. The fifth and final speaker was one of our representatives, TM A. from Yokohama TMC, who talked candidly and sincerely about her poignant experience in her youth.

The Japanese Interview Session was conducted by TM I. from Yokohama Ocean TMC, who is also an Area 54 Director. It was a cheerful session in which relaxed contestants answered questions with big smiles.

さて、日本語コンテストの結果は…なんと! 1位が我らがプレジデント、横浜TMCのTM F、2位も横浜TMCのTM A、そして3位がオーシャンTMCのTM Aでした。我が横浜クラブ、ダブル受賞で、TM F.は英語コンテストでも3位入賞でしたから、なんとトリプル受賞ですね! おめでとうございます!

Following the fun Interview Session, the winners of the Japanese Speech Contest were announced. And guess what? Our president, TM F. of Yokohama TMC, won the first place! And the second place went to TM. A from our club as well! The third place award was given to TM A from Yokohama Ocean TMC. Since our president TM F. received two prizes and TM A. received one, our Yokohama TMC won the three prizes in the contest it hosted. What a great achievement! Congratulations winners!

今回のコンテストで気付いたことは、トーストマスターズ会員のチームワークの良さでした。役割を受け持ったメンバーは、細かい指示がなくても自主的に動いてくれます。また、会場設置のボランティアにも大勢の会員が参加してくれました。運営委員、コンテスタント、観客が一体となって楽しめる、素晴らしいコンテストだったと思います。ご協力くださったみなさま、どうも有難うございました!
1位を受賞されたTM AとTM F、エリア52代表として、来月のディビジョンEコンテストでの雄姿を期待しております。頑張ってください!

One thing I learned in this contest was the power of Toastmasters’ teamwork. Those who had roles to play worked on their own accord without specific instructions. Many volunteers helped setting up the venue without coercion. I can proudly say that everybody, including committee members, contestants and audience, enjoyed the contest thoroughly and it was a great success. Thanks everyone for your cooperation!
The two first-place winners, TM A. and TM F., I wish you a big success in the upcoming Division E Contest next month. I’ll be looking forward to hearing your speeches again there!

コンテスト委員長: TM T.S.
Contest Chair: TM T.S.

Pocket

横浜桜木町ぴおシティでの例会は終始リラックスムード、気楽に英語スピーチを楽しめました 第685回例会レポート

Pocket

第685回例会レポート #684 TMOD Meeting Report

第685回例会は2月16日に桜木町ぴおシティにて行われました。この日はジョークセッション、ワークショップ、テーブルトピックセッション、準備スピーチなど盛りだくさんの内容となっており、大変盛り上がりました。

Our 685th regular meeting was held at Sakuragi-cho Pic City on Feb.16th. On that day, we had a rich content meeting, such as Joke session, Workshop, Table topic session, and Prepared speech etc. We really enjoyed them.

今回の例会のテーマは「スイーツ」です。バレンタインデーの週であったということもあり、ロールにアサインされたメンバーのお気に入りのスイーツを紹介しました。スイーツは仕事で忙しい時やストレスが溜まっている時など癒しになりますよね。今回それぞれのメンバーの好みが紹介され新しい発見がありました。横浜トーストマスターズのメンバーは甘党の方が多いですね。

The meeting theme of this meeting was ‘sweets’. We had Valentin’s Day this week, so I collected the answers to the role takers’ favorite sweets and shared them. Sweets make us relaxed when we have a busy time or stressful time. In this meeting, we found the new aspect of members favorite. Yokohama Toastmasters members have a very sweet tooth.

初めに、ジョークマスターの Hさんが2つのジョークを披露して下さいました。話の流がとても楽しく、ジョークマスターHさんの人柄が出る楽しいセッションとなりました。

The first is a Joke session. Joke Master H delivered two Jokes. The flow of words made us amused and it was a very funny session with
Joke Master H ’s character.

次のワークショップでは、前会長のTさんよりトーストマスターズの役員の仕事ついてプレゼンがありました。それぞれの役割について説明があり、横浜トーストマスターズクラブがどのように運営されているかについても学ぶことができました。
新しいメンバーにとっても大変わかりやすいものでした。

Next is the Workshop which was given by immediate past President T about YTMC officers and election. We could learn about each officers’ role and how YTMC is being run. It was very understandable to new members.

次はテーブルトピックセッションです。テーブルトピックマスターIさんのアイデアによりとても面白いセッションとなりました。指名されテーブルトピックマスターの質問に回答した8名のメンバー全員ですばらしい大作を作りあげました。

Next is the Table Topic session. Table Topic session was very interesting thanks to Table Topic Master I’ s novel idea. By all members who answered to Table Topic Master I’s question, Masterpiece story was made.

次はお待ちかねの準備スピーチです。どのスピーチも興味深いものでした。どのスピーチもよく準備、調査され、分かりやすく、観客をひきつけるものでした。大変お疲れ様でした。

Next is the Prepared Speech session, all members were waiting for. Each speech was very interesting. Each of them was well researched and easy to understand. The audience was attracted by the speakers. Good job and thank you, Prepared Speakers!

そして論表セッションです。今回は各スピーチの論表のみでなく、論評の論評も行なわれました。各論表では的確なアドバイスがされ、自分では気づかなかった改善点が見つかり有意義なものになったかと思います。また、経験豊富なGEにより全体を通しての論評も参考になりました。

The last is the Evaluation session. This time is not only the evaluation for prepared speech but also the evaluation for the evaluation of the prepared speech. Each evaluator gave shrewd advice and we could find some improvements which we didn’t know by ourselves. At last, the experienced today’s GE gave us advice throughout the whole meeting that will be of some help a lot.

TMOD M

Pocket

横浜トーストマスターズクラブでスピーチコンテスト開催!笑いあり、涙ありの英語・日本語スピーチで会場は大盛り上がり 第684回例会レポート

Pocket

第684回例会レポート #684 TMOD Meeting Report

2月2日の例会は年に一度のクラブ内スピーチコンテストを開催しました。横浜トーストマスターズクラブは普段は英語スピーチのクラブですが、スピーチコンテストに限っては日本語スピーチも行います。
今回は、英語スピーチに5名、日本語スピーチも5名が参加し、普段の例会で鍛えたスピーチ力を披露しました。

We held an in-club speech contest once a year on February 2. Yokohama Toastmasters Club is an English speech club usually, but we also did Japanese speech for the speech contest.
We had five English speakers and five Japanese speakers as contestants, and they showed off the speech ability trained through regular meetings.

英語のスピーチでは、Kさんは仕事の心構えに関する上司のアドバイス、Oさんはピンチを乗り切る方法、Iさんは気持ちのリセットの大切さ、Fさんは「やらねば」より「やりたい」を大切にすること、Kさんは大学時代の友人との思い出を披露しました。どれも素晴らしいスピーチでした。

In English speech contest, Mr. K spoke about the advice of his boss concerned with the attitude of work, Mr. O spoke about how to overcome the pinch, Mr. I spoke about the importance of resetting feelings, Mr. F spoke about importance of “want to do” more than “have to do” and Mr. K spoke about his memory with college friends. All the speeches were wonderful!

日本語のスピーチでは、Kさんは人に親切を行う際の心構え、Tさんは妊婦さんだったころの経験、Fさんは自分の枠を超えて他人の為に行動する大切さ、Kさんはお客様になったときにあるべき心構え、Aさんは人の心を察することの大切さ、を話ました。日本語も素晴らしいスピーチでした。さすがです。

In Japanese speech contest, Mr. K spoke about attitude to doing something kind for another person, Ms. T spoke about her experience of a pregnant, Mr. F spoke about the importance of acting for others beyond his own frame, Mr. K spoke about what we should do when we become customers, Ms. A spoke about the importance of thinking about people’s mind. Japanese speeches were also wonderful. They were great!

スピーチの審査はあらかじめメンバーの中から選ばれた審査員が行います。もちろんスピーカーには誰が審査員か秘密です。審査中は会場に緊張が走ります。

Judges of contests were the person who selected from among our club members. Of course, speakers did not know who the judges were. The venue was surrounded by tension during the appraisal.

審査結果がでるまでは、スピーカーへのインタビューが行われました。インタビュー担当のOさんとKさんは、スピーチ作成の苦労話などツボな質問で会場の笑いを誘いました。

Interviews with the speakers took place until the judgment result appeared. Mr. O and Mr. K in the interview called the laughter of the audience with pointed questions.

審査の結果、英語と日本語それぞれのスピーカーから入賞者を発表しました。1位と2位のスピーカーは3月3日に開催されるエリアコンテストに出場します。
ひょっとしたら、横浜トーストマスターズクラブから世界大会に出場するスピーカーがでるかもしれません。エリアコンテストに出場される皆さん、頑張ってください。

As a result of the examination, contest chair Mr. M announced the winners from the speakers of English and Japanese respectively. The 1st and 2nd speakers will participate in the area contest to be held on March 3rd. A speaker participating in the World Competition from Yokohama Toastmasters Club may come up. Everyone participating in the area contest, please do its best.

さて、皆さんもたくさんの素晴らしいスピーチを聴いて楽しい週末を過ごしませんか?
クラブ見学はいつでも大歓迎ですよ!

Well, do not you all have a great weekend with listening to many wonderful speeches?
You are welcome to visit the club anytime!

TM O

Pocket