第652回例会レポート“Book” #652 TMOD Meeting Report

Pocket


暖かい日差しに包まれた連休初日の例会は、2名のゲストを含め23名?といつもよりも少なめの参加者でしたが、趣向を凝らしたスピーチに会場は熱気に包まれました。

嬉しいことに新しいメンバーを迎えることができました。香港出身で米国留学経験のある若い日本人女性です。流暢でパワフルな彼女の話し方は、聞く人を惹きつけます。今後のスピーチが楽しみです。現在、横浜クラブの女性比率は約40%。女性が増えて益々クラブの活気が上がっています。

今回の例会のテーマはシンプルに“Book”。各ロールを担当したメンバーの多彩な推薦図書を紹介しました。推薦図書は文末でご紹介します。

さて、今回の例会はスピーチマラソン。事前準備スピーチが5本、スピーチコンテストのリハーサルスピーチが1本の合計6本のスピーチという豪華プログラムでした。



パワハラ上司からのストレス解消法をユーモラスに紹介するスピーチ、ちょっとセンチメンタルな祖母の思い出のスピーチ、叫び声??などなど。どれも面白いスピーチで、あっという間に時間が過ぎてしまいました。




次回も秋の週末をトーストマスターズに参加して楽しみましょう。
※例会後の飲み会もね!!(重要)

TMOD: K.Ohno

Under the warm sunshine on the first day of three consecutive holidays, about 23 people including 2 guests attended our regular meeting. Although we had fewer attendees than we usually have, members’ speeches created an exciting atmosphere that enveloped the whole venue.

We were happy to have a new member on this day. She is a young Japanese lady from Hong Kong who has studied in the U.S. Her fluent and powerful way of speaking English attracts audience. I am looking forward to her speeches in the future. Currently, the percentage of female members in Yokohama Toastmasters Club is about 40%. Her induction was a nice addition to bring more vibrancy to our club.

The theme of this meeting was simply, “Book”, as autumn was the best season for reading. I introduced the books recommended by role-takers. I will introduce them at the end of this report.

We held a speech marathon in this meeting. It was a special as well as gorgeous program. We had six speeches in total, five prepared speeches and a rehearsal speech for the coming Division Contest.


Every speech was very interesting… a humorous one introducing the method of how to relieve stress caused by a power-harassing boss, a little bit sentimental one featuring grandmother’s memories, a “Scream”, etc. Time flew away like an arrow.


Let’s join the next Toastmasters’ meeting, too. That’s the right way to enjoy autumn weekends!
P.S. After-meeting party “NOMIKAI” is the most important, in my opinion.

Recommended books
(1) “Holes” by Louis Sacher.
(2) “Kagami no Hana” by Shusuke Michio
(3) “The class of letter” by Yukio Mishima
(4) “The Moon and Sixpence” by W. Somerset Maugham
(5) “Gyakusetsu no Nihonshi” vol. 6/ Kamakura bukkyo to Genko no nazo
(6) “Doromizu nominomi uki shizumi/Shintaro Katsu taidanshu
(7) “A brief history of time” by Steve Hawking
(8) “Higgs” by Sean Carrol
(9) “Tadou ryoku” by Takafumi Horie

TMOD: K.Ohno


Pocket

2017年度 ディビジョン E ほら話コンテスト / 2017 Division E Tall Tales Contest

Pocket



去る2017年10月9日、川崎市生涯学習プラザにて、2017年度Division E ほら話コンテストが開催されました。150名を超える観衆が見守る中、各エリアから選出された優勝者たちが、丹精込めて磨き上げたほら話を披露しました。横浜TMCが所属するエリア54からは、日本語コンテストに関内TMCのTM Sが、英語コンテストには横浜TMCのTM Fが出場しました。



まず初めに日本語コンテストが行われ、7名のコンテスタントが競い合いました。母語である日本語を巧みに操りながら、まるで役者のように表情や動きを変えるコンテスタントの芸達者ぶり、そしてその話の面白さに圧倒されました。会場が笑いの渦に包まれたのは言うまでもありません。スピーチ後のインタビューセッションでは、それぞれのコンテスタントがリラックスした様子でスピーチの裏話を披露しました。




審査の結果、1位が夢のスーパー冷蔵庫のほら話を巧みに語ったTM M、2位はエリア54代表で、「男の楽園」の物語を赤裸々に語ったTM S、そして3位が小人になって女風呂に潜入する話を作り上げたTM Mでした。コンテスタント達の想像力には脱帽します。



続いて英語コンテストが行われました。披露されたスピーチは日本語部門に負けず劣らず工夫を凝らした素晴らしいものばかりで、よくもこんな話を次から次へと思いつくものだと感心しました。中でも美しい英語を操りながら優雅な動作で観客を魅了しつつ笑わせたTM Kが1位に、日本に来てありとあらゆるコミックキャラクターに遭遇しながらアドベンチャーを楽しむほら話を展開したネイティブスピーカーのTM Mが2位に選ばれました。





そしてスーパーペットロボット・ボブの売り込みで会場を爆笑の渦に巻き込んだ横浜TMC代表のTM Fが見事3位に選ばれました!
おめでとうございます!



コンテスト終了後の率直な感想は、まだ全国大会に進む前のDivision大会だというのに、スピーカーのレベルが高い、ということです。この厳しい競争を勝ち抜いて全国大会に進むのは並大抵ではありません。特にほら話はゼロから想像力を膨らませてストーリーを作り上げ、観客を楽しませなくてはならないのですから大変です。でもその努力の結果を見て楽しませてもらえる観客はラッキーです。私も存分に楽しませて頂きました。

見事トロフィーを勝ち取り、全国大会に進まれる優勝者のみなさん、Division E代表としてどうか全国大会でも頑張ってください。期待しています!
そしてDivision Eコンテストを成功裡に主催・運営された関内クラブ、ビジョナリーズクラブ、その他運営委員のみなさま、素晴らしいコンテストをどうもありがとうございました。

Division E Contest official photographer TM T. S.



On October 9th, 2017, Division E Tall Tales Contest in 2017 was held at the Shogai-gakushu Plaza in Kawasaki City. The winners of each Area performed the tall tales they’d created and brushed up for this day in front of more than 150 people who fully packed the hall. From Area 54 which Yokohama TMC belongs to, TM S of Kannai TMC participated in the Japanese Contest, and TM F of Yokohama TMC competed in the English Contest.

First, the seven contestants competed in the Japanese Contest. Their agility in manipulating their mother tongue Japanese was quite amazing, and I was totally impressed by their virtuosity in sophisticated movements and ever-changing facial expressions. Their performance threw the house into convulsions of laughter. In the interview session after the contest, each contestant, now relaxed, revealed the curious stories about how their hilarious tall tales were made.

As a result, TM M, who made up a story about a super refrigerator, won the first prize. The second prize went to TM S, a representative of Area 54 who vividly described the “Men’s Paradise” in his humorous way. The third prize was given to TM M, who comprised a wild tale in which he turned into a micro-human and sneaked into a female public bath. Their creativity took my breath away, whew.

The English Contest followed the Japanese Contest. All speeches were as wonderful and amazing as Japanese speeches, and I was truly impressed by their creativity. How could they possibly create such incredulous tales?

In the English Contest, TM K, who entertained and bewitched the audience by her sophisticated English and elegant movements, won the first prize and TM M, the only native speaker of all contestants, won the second prize. She talked about the adventure in Japan in which she met many comic characters on the way.

And guess what? TM F from our Yokohama TMC won the third prize! He made the audience laugh out loud by his non-stop and hyper sales talk of a futuristic pet robot BOB. Congratulations TM F!







The honest impression I had in this contest was that even at the Division level speakers’ skills were amazingly high. It would be quite hard to win the fierce competition like this and proceed to the District Contest. Especially, making tall tales would be tough since tall tales had to be created from a scratch to something incredulously humorous to entertain the audience. However, we, as an audience, are lucky to be able to see and laugh at the fruit of their efforts and be made happy. I enjoyed it thoroughly, too.

The winners of Division E Contest, congratulations! We are looking forward to seeing your fabulous performances once again at the District Contest.

Last but not least, I’d like to thank the hosting clubs, Kannai Toastmasters Club and Visionaries Toastmasters Club, and the people in the contest management committee, for their hard work and dedication to make this contest a success. Thank you very much!

Division E Contest official photographer TM T. S.

Pocket

2017年度 エリア54 ほら話コンテスト / 2017 Area 54 Tall Tales Contest

Pocket

2017年9月17日、「エリア54ほら話コンテスト」が行われました。
エリア54は、関内TMC、みなとみらいTMC、横浜オーシャンTMC、そして横浜TMCの4つのクラブから構成されており、各クラブのクラブ内コンテストで入賞した代表者たちが、エリアコンテストに挑みました。
今回、横浜クラブがホストクラブとして、主にコンテスト運営を行いました。そして私(TM K.T)は、コンテスト委員長初挑戦でしたが、多くの方々に支えられ当日を迎えることが出来ました。

今回、英語コンテストでは4名、日本語コンテストでは5名がコンテスタントとして出場。
出場者の方々は「3分30秒~5分30秒以内」という制限時間の中で、バラエティーに富んだ「ほら話」を披露してくださいました。
ほら話の内容はさまざまで、「株、新製品、引っ越し、テクノロジー、床屋」など、みなさん身近な様々なアイデアを使って、ストーリーを作り上げていました。


コンテスト中は、常に笑いが絶えず、聴衆の方々を大いに楽しませ、会場は大盛り上がりとなりました!
非日常的な「ほら話」ではありましたが、実際にあったらすごい!?と思ってしまうような内容だったり、ほら話と分かっていながらも、「うんうん、そうだね」と妙に納得しながら大笑いしてしまうこともありました。
私自身、委員長としてコンテスタントの舞台袖でスピーチを聞きながらも、たくさん笑わせていただきました。

全出場者のスピーチ終了後、横浜クラブのAさんがインタビューアーとしてインタビューセッションを盛り上げてくださいました。Aさんは各出場者に、ユニークで面白い質問を投げかけられ、スピーチ作成の裏話や秘訣など、聴衆に役立つ回答も聞くことが出来ました。

そしてコンテストの結果は、、、、
<英語コンテスト>  1位 Fさん、  2位 Aさん、
<日本語コンテスト>1位Sさん、  2位 Hさん、  3位 Sさん、、

私たちのクラブからは、英語コンテストでFさんが1位、同じ英語コンテストで、Aさんが2位に、
さらに日本語コンテストで、Hさんが2位に輝きました!おめでとうございます♪
そして、英語コンテストで1位に輝いたFさんは、10月9日に行われる次レベルのコンテスト(ディビジョンEコンテスト)へ進まれます!

今回、コンテストの準備の時間が十分に取れませんでしたが、大成功を収めることができました。
また、台風の影響で雨模様の中、コンテスタントの方々も運営に携わった方々も、誰一人欠席することなく、
また多くのメンバー、そしてゲストの方々が参加されました。

審査委員長のSさん、インタビューアーのAさん、コンテストをサポートしてくださったすべての皆さん、オーディエンスとして会場を盛り上げてくださった皆さん、そして素晴らしいコンテスタントの皆様に感謝を申し上げます。
ありがとうございました!!

横浜クラブからディビジョンコンテストに出場されるFさん。
横浜クラブの代表として、全国大会にすすめるよう、クラブメンバー一同で応援しています!!
ぜひ、応援に、そしてコンテストサポートに、そして各クラブから選出された精鋭たちのスピーチを聞きに、ディビジョンEコンテストに行きましょう!!

エリア54 ほら話コンテスト コンテスト委員長TM K.T

On Sep 17th, 2017, we held the Area 54 Tall Tales Contest.
Our Area 54 has four clubs, which are Kannai TMC, Minato-mirai TMC, Yokohama Ocean TMC and Yokohama TMC, and the contestants who won their club in-house contests participated in this Area 54 contest.
This time, our Yokohama TMC has facilitated the contest as a host club and I myself took a role of the contest chair for the first time. It was my big pleasure serving as a contest chair.

Four contestants in English and Five in Japanese challenged the contest.
Contestants presented their variety of Tall Tales Speeches within the limited time.
Every speech was unique, with a twist and entertainment!
Their speeches were extraordinarily hilarious and full of originality, which entertained us and made us laugh a lot.
I myself enjoyed their speeches very much and learned so many things from them.
Another pleasure of the contest was the interview session!
The special interview given by TM.A was like a mini-Workshop of Tall Tales contest.
During the interview session, contestants performed freely with relaxed faces.

Finally, the Contest Result was….
1st TM F, 2nd TM A,
1st TM S, 2nd TM H, 3rd TM S,

From our Yokohama TMC, TM F got a 1st prize and TM A got a 2nd prize in English contest.
Also, TM H received a 2nd prize in Japanese contest. Congratulations!!
The 1st prize winner, TM F, will advance to the Division E Contest to be held on October 9th.

Thank you everyone for participating in the Area 54 Tall Tales contest despite the bad weather. The contest was successfully finished thanks to you, to your big effort and big support to make the contest enjoyable, valuable and successful!!
All role takers, contestants and guests, thank you so much for your warm supports, especially to TM S, a chief judge, and TM A, an interviewer.
TM M. F. will proceed to the Division. E Contest on Oct 9th. How exciting!
Let’s attend the Division E Contest to support him and listen to the higher level of speeches.
Let’s go, YTMC!!
Thank you!!
Area 54 Tall Tales Contest, Contest Chair. TM K.T

Pocket